【浮気事件簿】ロカビリー夫の豊胸美人妻、浮気相手に10万円のネックレスを買わせて向かう先~その2~ 

【浮気事件簿】ロカビリー夫の豊胸美人妻、浮気相手に10万円のネックレスを買わせて向かう先~その2~ 

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。

今回の依頼者・小杉信也さん(仮名・33歳)はロカビリーファッションのアメ車マニア。職業は年収500万円のシステムエンジニアです。

7歳年上の奥様とは3年前に結婚し、彼女にぞっこんの愛妻家。ナンパで知り合った彼女のことをとても愛していますが、奥様はエリート男性がお好きで、一流企業に派遣社員として行ってはそこの男性と交際し、数回デートして別れることを繰り返していました。

☆☆☆

カウンセリングも終わりに近づき、調査をするという方向で話はまとまりました。

「今週末、派遣社員なのに休日出勤すると言っているんですよ。絶対デートですよ。それに、ここのところ帰りも遅いから絶対にあやしい。ホントに浮気していたらショックですが、今日から調査をお願いしたい気分です」

依頼者・信也さんは持ってきた市松模様の財布と、スマホケースをパンツのお尻のポケットにねじ込み、アメリカの赤いビールを一気飲みすると、玄関にスタスタと向かいました。

翌日から早速調査に入りましたが、奥様が勤務する投資銀行は、大きなビルに入っており、1階と地下も合わせると出口が5か所あります。奥様は派遣社員なので、定時の17時30分に出てくるはずだという信也さんの話があり、17時頃から5人体制で見張ります。

ほぼ定時に地下の出口から出てきた奥様を発見し、追います。確かに彼女は目立つほど美しい。セミロングヘアを上品に巻いて、ウエストをキュッと絞ったダウンジャケットを羽織っています。彼女はまっすぐ駅に向かうと地下鉄を乗り継いで、新宿三丁目で下車。

有名デパートに入り、ウィンドウショッピングを開始します。てっきり、食事やデートになるかと予想しており、気配を消すのが神業的に上手な男性の探偵がメインで担当していましたが、まさかのウィンドウショッピング。男性だと目立つので、私がメインで追いました。

ブラブラと時間をつぶすように、全フロアを2時間近くかけて見て回ると、ジュエリーコーナーに行き、店員さんと談笑しています。この様子はすべて、ショルダーバッグに仕込んだカメラでバッチリ動画撮影をしています。

彼女はスマホの振動に気が付いたのか、ハッとした顔をして、店員さんとの会話を中断。周囲をきょろきょろ見回すと、俳優の前田吟さんそっくりの、50代の小柄な男性が笑顔で手を振ってやってきます。彼が来ると、顔を喜びにいっぱいにして、彼女は嬉しそうに腕を組みはじめました。

ジュエリーショップで、10万円のネックレスを購入し、彼が黒いクレジットカードで支払い、嬉しそうな奥様。その後、街に出て、高級天ぷら店に入っていきます。探偵も入ろうとしましたが、予約でいっぱいだったので向かいのカフェに入り、ガラス越しに出待ちをしました。

長丁場になると踏んでいたのですが、まさかの1時間程度で出てきました。ふたりとも顔が真っ赤になっていて、とても楽しそうです。表通りに出たふたりは、すぐにタクシーを拾いました。私達も彼らが乗ったタクシーを尾行。撮影機材をバッチリ積んだ探偵カーで待機している調査員にも、移動していることを伝えました。

タクシーは赤坂方面にすすみ、ある高級ホテルの前で停車しました。きっとここで宿泊するのでしょう、高級ホテルはセキュリティーがしっかりしており、下手に追うと調査していることが対象者にバレてしまうので、翌日の出待ちの撮影のための作戦を練ります。

調査初日でいきなり男性が出てきたことを、依頼者・信也さんに電話で報告。この時点で21時になっていたのですが、信也さんはまだ会社で仕事をしていました。

「まさに今、妻から神奈川県大和市にある実家に泊まるとLINEが来ました。なんでも、実家で飼っている犬が病気になったからだとか。やべえ、オレマジショックです」と少し落ち込んでいる様子でした。

1 2
婚活 アプリ 仕事 美人探偵 アラサー ダイエット 恋愛 結婚 マネー 時短 レシピ タブレット デート カップル 貧困女子 iPhone iOS 浮気事件簿 アラフォー CITRUS
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!