【Candy Boy×Suits WOMAN】崖っぷちアラサーOL・香澄、伝説の凄腕シューフィッターに癒される!?~前編~

【Candy Boy×Suits WOMAN】崖っぷちアラサーOL・香澄、伝説の凄腕シューフィッターに癒される!?~前編~

靴屋さんの男性のおかげで遅刻しないですんだ上に、事前準備も万端。気かがりだった新プロジェクトのプレゼンも上手くいったみたい。なんだか私、どんどん運気が上がっている?

「香澄さん、どうしたんですか?姿勢が良くなった気がしたけど、気のせいかな?」

千晴社長が話しかけてきた。

「それは多分、靴が良かったのかも」

「靴ですか?香澄さんはいつも靴が綺麗ですよね。細かいところに気が付く女性は、仕事も丁寧ですよね」

「えっ」

千晴さんが、そんなところまで見ていたなんて……ちょっと嬉しい。

今朝は、棚卸しの作業があったので、インソールを入れて貰っていたヒールの靴を脱いで、スニーカーに履き替えて作業をしていた。すると、インソールに気付いたファッショニスタの女子社員が話しかけてきた。

「その中敷き、ラ・ジョリ・ローズじゃないですか?」

「えっ?有名なの?」

「会社に来る前の交差点にある一軒家のですよね。あの店、実は伝説のカリスマシューフィッターがやっている店なんですよ」

あの人、シューフィッターだったの!?

「しかも完全予約制で、1日に接客できる人数が決まっているからこの前、里美さんが店に行って断られていましたよ」

えっ!そんなスペシャリティー溢れる店だったの!本当に私が行っても大丈夫なのかしら? 

「香澄さん、中敷きってことはラ・ジョリ・ローズに行ったんですね!羨ましい」

またしても、遠くから里美さんの突き刺さるような視線を感じた。試しに、お店の名前をネットで検索してみたら、「伝説のシューフィッター 川上雅信 予約待ちは1年」「百貨店時代は、靴売り場の売り上げを百倍に!」という文字が。

早帰りデイに、恐る恐る「ラ・ジョリ・ローズ」の前を通ってみた。すると中から川上さんが出てきてくれた。

「君は、あの時の迷える子羊ちゃんだね。靴の調子はどう?」

そういいながら、川上さんは私の頭をポンと撫でてくれた。

KRO_0637

「靴の調子はどう?」と頭ポンポン。

「いや、今日は大丈夫です。私、予約とかしていなかったんで」

「大丈夫。今日は棚卸しだから特別に貸し切りにしますよ」

えっ!誰もいない店内に私1人で貸し切り?

カリスマ(&イケメン)シューフィッターの店を貸し切り……!? 後編につづく

1 2

プロフィール

Candy Boy

テレビ朝日系全国放送「BREAK OUT」から誕生した、エレガンスな癒し系フレンチ・ポップ男子。
毎月原宿のカフェで行なわれる「Candy Boy CAFE」は即日SOLD OUT。その独特な世界観と、間近で歌、ダンス、演技が見られることで話題を呼び、今注目の新ジャンルエンタテインメント集団です。

彼氏 婚活 美人探偵 仕事 デート 結婚 貧困女子 浮気事件簿 アプリ iPhone ダイエット マネー 金運 レシピ 時短 アラサー アラフォー CITRUS 恋愛 iOS
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!