【婚活のプロに直撃!】アラサーの婚活! 結婚まで結び付かないのは自分を客観的に見られない〇〇な人

【婚活のプロに直撃!】アラサーの婚活! 結婚まで結び付かないのは自分を客観的に見られない〇〇な人

アラサーの、いや未婚女性の永遠のテーマである“婚活”。どうしたら男性に「この人と結婚したい!」と思ってもらえるのか?前回に引き続き今回も、全国56店舗を構える結婚相談所『ツヴァイ』のマリッジコンサルタントの副島(そえじま)さんと営業サポート部の福島さんに、結婚に向かない人のタイプについて、リアルな現状を赤裸々に語っていただきました。

自分のことを客観的に見られない人は、どんなに綺麗でも2回目以降に続かない!

前回は結婚が決まりやすい方について伺いましたが、逆になかなか結婚に結び付かない人はどんなタイプですか?

副島さん「素直な方とは真逆な、いくらアドバイスしても受け入れてもらえない、そんな方は決まりにくいです。それに加えて自己評価が高すぎて、自分のことを客観的に分かってない人が当てはまると思います。具体的に言うと、以前海外留学を経験している女性の方が、入会時に希望された男性のタイプとして『同じ海外経験のあるスペックが高い男性』を条件に挙げられました。その方が海外経験のどの部分を男性に求めているのかが、私たちにはわかりませんでした。本人もその本質がわかってなかったようでしたね。とりあえず『自分と同等のスペック』というところがその方のポイントだったんです。でも、海外経験をした男性は日本の良さが身に染みてわかっていて、古風な女性を好まれる場合も多いんです。どの国の女性より、日本人女性が1番優しく、ちょっとした気遣いができるという良さがわかって、普通の男性以上に控えめな奥ゆかしい女性を選ばれたりします。その方は結局いつまでたってもそのスペックにポイントを置いたがために、残念ながら結婚に結びつきませんでした」

その女性は、具体的に男性にどんな断られ方をしていたんですか?

副島さん「きれいな方だったので、海外経験のある男性と会う機会はもちろんありました。でもほとんどの男性が1度会っただけでお断りを入れてきました。男性からは『彼女は仕事のパートナーとしてはいいけど、結婚相手としては考えられません』という回答が多かったですね。自分の主張を強く持つ女性は逞しさこそ感じますが、そのスペックを持った男性は家を守ってもらいたい気持ちも強いので、一歩下がってついて来てくれるような女性を選ばれたりします。結局、家の中に男性は2人いらないんですよ。彼女は断られることで、どこがダメだったんだろうという気づきがあればよかったんですけどね……。強気な姿勢は最後までそのままでした」

ed3c60a65ed606bdd6d368072e02b722_s

スペック最優先は婚活にとっては不利!?

 自己評価の高い人には婚活がうまくいかないポイントが……!?

1 2
時短 アラサー iPhone 貧困女子 レシピ 占い CITRUS 金運 アラフォー 恋愛 アプリ 婚活 浮気事件簿 デート 美人探偵 仕事 ダイエット 派遣 iOS 結婚
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!