【もやもや】勝敗もタモリ&マツコの立ち位置も。謎の演出にもやもやしっぱなしの紅白~その1~

【もやもや】勝敗もタモリ&マツコの立ち位置も。謎の演出にもやもやしっぱなしの紅白~その1~

明けましておめでとうございます。今年も「女のもやもやセラピー」を、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年第1回のテーマは「紅白」です。
近年、みんなでようかい体操を踊ったり(2014年)、小林幸子さんがニコ動とコラボしたり(2015年)と、衝撃的な演出が続いたこともあり、期待が大きすぎたのかもしれません。『トットてれび』の面々が出てくるのかも、「恋ダンス」をみんなで踊るのかもとワクワクしすぎたせいで、なんというか、肩透かし感が否めません。

ちょいちょい差し込まれた小芝居も、おもしろいのかどうか、よくわかりませんでした。
ネットではタモリさんとマツコさんのムダ使い、と話題になっていましたが、一般客を「演じる」なら演じるで、そのまま席に入ってステージを見たらよかったんじゃないかと思う。

チケットを忘れてしまったから入口で警備員に止められて入れないというのは、「NHKは警備がしっかりしている」というアピールなのかもしれません。でも、そこからが長い長い。ホールの場所がわからずにNHK内をウロウロするというくだりは、紅白の舞台裏を見せてもらったというよりも、いつになったらこのふたりは紅白を見られるんだろうという心配のほうが先に立ってちっとも落ち着きませんでした。結局、見られなかったし。もちろん台本なんだとは思いますが、なんだか気の毒でした。これは『ブラタモリ』と、他局ですがマツコさんの『夜の巷を徘徊する』のオマージュなのかな……とも思いましたが、わからない人にはわからないと思うし、本当にそうなのかだってわからない。

ゴジラがNHKホールに近づいてきたという緊急ニュースを聞いたときの司会者ふたりのやり取りも、不思議でした。「ゴジラが来たようです」「でも時間がないので進行しましょう」。なんだろう。これも台本通りなんでしょうが、盛り上げたいんだか盛り上げたくないんだか。映画もこんな感じなんでしょうか。観ていないからわからない。ニュース映像などはとても作り込んでいて、確かにすごいなぁと思ったし、出演している人も実際の『シン・ゴジラ』の主人公の長谷川博己さんだったり、わかる人には「凝ってる!」と思えるんでしょうけど。今年の紅白は、さらっと見るには難易度が高かったような気がします。

その最たるものが、西野カナさんのステージに応援ゲストとして登場した吉田沙保里さんのシーンでした。彼女と一緒に、28日に入籍し、大晦日に結婚を発表したぺこ&りゅうちぇるさんも登壇しました。司会者の相葉さんは、ふたりを祝福したあと、りゅうちぇるさんに「吉田さんはどうしたら結婚できますかね?」と質問。もちろん、台本通りなのだとは思うのですが、吉田さんが戸惑っているように見えたのは私だけでしょうか。

確かに、吉田さんはバラエティー番組などに登場する際、「婚活中」「一刻も早く結婚したい」とよく言っていますし、ある意味、彼女の持ちネタのひとつといっていいかもしれません。でも、それって、吉田さんを試合でしか見たことがない人は知らないことです。私は知っていましたけど、それでも、本人を差し置いて他人が「この人、どうしたら結婚できると思います?」って聞くということに、なんだかイヤ~な気持ちになってしまいました。ご本人が幸せど真ん中のふたりに「私、どうしたら結婚できますかね?」と聞くならまだしも。

女の子らしいと結婚できるの!?  それってどうよ!?

1 2
デート マネー カップル 婚活 アプリ iOS レシピ 時短 浮気事件簿 アラフォー 結婚 仕事 iPhone アラサー 美人探偵 タブレット 貧困女子 ダイエット CITRUS 恋愛
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!