【もやもや】「ガキ使」斎藤工の振り切った方向転換にギャップ萌え。エロくておもしろいは独身アラサーの大好物~その1~

【もやもや】「ガキ使」斎藤工の振り切った方向転換にギャップ萌え。エロくておもしろいは独身アラサーの大好物~その1~

星野源さんも、そう。人気者になりすぎて過去のエロTwitterを削除しなければならないほどエロいのに、マジメで誠実な“独身のプロ”平匡さんにも見えるし、全盛期のオザケンを彷彿させるカルチャー王子の雰囲気もある。いい曲もつくる。一方で、“うそ太郎”や“オモえもん”もばっちりハマる。この、“想像していた人物像と違う”という、そこにギャップ萌えが生まれるのです。たとえ理想のイメージからの乖離でも、ノープロブレム。多面性に魅力を感じるのですね。

斎藤さんは、11日に放送された情報バラエティー番組『ZIP』に出演したとき、「ガキ使」の弾けた演技について、「出された企画案の一番、自分がやる姿が想像できなかったものだったから選んだ」というようなことを言っていました。去年観た別のトーク番組では、「セクシーばっかりと思われるのはちょっと……」と演技の幅が狭まってしまうことを気にする発言をされていました。だから、もしかしたら、もうエロ目線の女性ファンはいなくなってもいい! という気持ちでいたのかもしれません。でもその突き抜けぶりこそが、女性ファンにとって、究極の“ギャップ萌え”を生み出す結果になったのです。

今後、ドラマなどでエロな斎藤さん(と書くとトレエンの斎藤さんみたいですね…)を観ても、これまでと違った新鮮な気持ちでキュンキュンしたりドキドキしたりしそうです。いろんな顔がある男性って素敵ですよね。とはいえ、DV系のギャップには要注意です。自分の心や体を傷つけるギャップはダメですからね。本人はなかなか気づけないようですから、身近な女性同士タッグを組んで、それだけは排除していきましょう。

 

583e256c551e78a937ae012df348b7ab_s

イケメン鼻くそホジはアリ。でも、普段はめちゃめちゃ優しいけど急に怒りだして暴力性が止まらなくなる、というギャップにはくれぐれも萌えぬよう……。

「いつもシャキッとしている男性が、寝坊で遅刻。青ヒゲボーボーであたふた出社してきた」「ぽっちゃりしているのに小食」「コンタクトレンズからの黒ブチ眼鏡」etc.その2では、「え、そこですか!?」を含め、独身アラサー&アラフォーOLがリアルライフで遭遇したギャップ萌えシチュエーションを紹介します。

1 2

プロフィール

白玉あずき

東京都出身。清泉女子大学卒。学生時代より活字メディアに携わり、四半世紀にわたり女性のおしゃれと恋愛とダイエットについて考察、記事にする。現在は雑誌や単行本の編集、制作に加え、女性コンテンツのプロデュースやディレクションなど多分野で活動。最近の生きるテーマは社会貢献と女性支援。

彼氏 レシピ 婚活 マネー CITRUS 金運 時短 アプリ iOS ダイエット iPhone アラフォー 貧困女子 恋愛 アラサー 仕事 デート 美人探偵 浮気事件簿 結婚
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!