【もやもや】「いきなりの電話は失礼」「かけてこないで」新年度スタートでさらに広がる世代間の仕事電話の意義~その1~

【もやもや】「いきなりの電話は失礼」「かけてこないで」新年度スタートでさらに広がる世代間の仕事電話の意義~その1~

新年度がスタートし、月曜日のニュースには各社の入社式の様子が多く紹介されていました。
LINEの入社式では、新入社員24人の代表として、人生の勝ち組を具現化したようなルックスの青年がご登壇。ハワイですか日サロですかと突っ込みたくなるほどに日焼けした肌に懐っこい笑顔。「私たちは、一般的にはデジタルネイティブやソーシャルネイティブと呼ばれる世代になります。(略)インターネットとともに人生を歩んできたといっても過言ではありません。(略)これからは自分たちが作り上げる側」という言葉は頼もしく、ああ、こういう優秀な若手が続々と入ってくる業界はIT系なんだなと改めて感じた次第です。

だが、しかし。

入社式後のご歓談時間かなんだかの写真をみて、うーむと思ったのです。みな一様にうつむいてスマホをいじっています。人がとなりにいても、しゃべってない。ぜんぜんご歓談じゃないのです(一組だけ、LINEアドレスを交換してるのかなっていう背中が写っていましたが)。
ただ、違和感は持ったものの、これが新しい時代をつくる側のあるべき姿で、こっちが古いんですよね……、という気持ちになったんですよね。

いきなりの電話は「時間の搾取」

先日、知り合いの編集女子がいつになくプリプリとしていました。

聞けば、「社外の人がメールですむような内容なのに、わざわざ電話をかけてきた」とのこと。どうでもいい電話のせいで集中力が途切れた上に、時間もムダになったと怒っているのです。

「いきなりの電話は時間の搾取だ」というのが彼女の言い分です。搾取。奪われるだけでなく、相手がその利益を手に入れること。

そうでしょうか。

だって電話って、基本的に「いきなり」かかってくるものです。ぶしつけだからこそ「今、お電話よろしいでしょうか」と相手にお伺いをたてるべし、とビジネスマナーでも提唱されているのです。

でもその「よろしいでしょうか」が「とりあえず言ってみました」程度で、こちらの状況に関わらず、有無を言わせない感じがある。そのせいで「もう、勘弁して」「なんで電話してくるの?」という気持ちにさせられるんでしょう。「メールでよくない?」と。

確かに、電話はかけてきた相手にとって(だけ)必要で、かかってきたほうにしたら不必要な場合が多い。

彼女の場合も、「どうでもいい内容」だと思うのは彼女で、かけてきたほうにとってはどうでもよくない。だからかけてくるーー、という考え方も正しいのか正しくないのか。

「用事があるときは、まず電話をかける」。これが礼儀だと思ってるからだけなのでは。そうだとしたら、相手に「いやもう、それ古いんで。基本メールベースでいきましょうよ」と伝えれば、電話による「時間の搾取」はなくなるような気がします。

1 2
金運 アラフォー 派遣 デート 婚活 CITRUS iOS 美人探偵 仕事 派遣女子 貧困女子 ダイエット 浮気事件簿 レシピ アラサー 時短 恋愛 アプリ 結婚 iPhone
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!