【スマホの防水対策】水遊びのシーズン到来! スマホ水没時のNG行為と防水ケースをチェック

【スマホの防水対策】水遊びのシーズン到来! スマホ水没時のNG行為と防水ケースをチェック

海水浴のシーズンがやってきました。海へ行くときに気になるのが、スマホの水濡れ。とくに、防水スマホなどタフモデルではない機種を使っている人は、うっかり落としてしまったらどうしよう! と心配ですよね。いざという時のために、スマホの水濡れ対策をしっかりしましょう。

◆これをやったらNG! スマホが水濡れした時のダメな行動5◆

まず、スマホが水濡れしたときの「やってはいけない」行動を覚えておきましょう。

NG行為・1*スマホの電源を入れる・充電する

水没させてしまったスマホは、ほとんどの場合は自動で電源が落ちてしまいます。不安になって、つい「故障してないかな?」と電源を入れてしまいがちですが、実はNG行為!
水没した状態で電源を入れると、本体内に通電すると同時に内部の金属部品などがショートして、破損してしまう可能性があります。なので、充電をしたり、パソコンなどに繋いでデータのバックアップを取ろうとするのもNG行為です。
運よく、「水没したけど、電源が入ったままだった!」というときは、すぐに電源を切ってショートするのを避けるのがベストですよ。

NG行為・2*スマホを振って水を出そうとする

本体を振って、内部の水分を出そうとするのもNG行為です。水に濡れていなかった部分にも、被害が拡大しまいます。水没したときはケースを外して、外側は乾いたタオルなどでやさしく拭きましょう。
充電機をさすコネクタやイヤホンジャックの水は、ティッシュペーパーで作るコヨリが便利。こちらもやさしく、丁寧に水を取り除きましょう!

NG行為・3*ドライヤーで乾かす
スマホは熱に弱い精密機器。ドライヤーの熱風を濡れた部分を乾かそうとしてはいけません。また、乾燥させることで腐食=サビによる故障が発生することも。無理に乾かすのではなく、水気をやさしく拭いてすばやくリペアショップに持ち込むのが吉。

ちなみに、海水(塩水)はスマホにとっての天敵。スマホ全体を覆える防水カバーなどを用意して、水濡れはもちろん潮風からも守れるようにしたいですね。最近は、かわいいデザインが増えていますよ!

1 2 3 4
恋愛 仕事 時短 CITRUS レシピ iOS 貧困女子 iPhone 派遣 結婚 デート 美人探偵 金運 浮気事件簿 アラフォー ダイエット 派遣女子 アラサー アプリ 婚活
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!