【サードウェーブ女子〜アラサー女子上京物語〜】茨城から東京まで特急で90分! バンギャの理想は“契約結婚”!?~その1~

【サードウェーブ女子〜アラサー女子上京物語〜】茨城から東京まで特急で90分! バンギャの理想は“契約結婚”!?~その1~

地方出身の女性が東京に上京するタイミングは、実は3回あります。

第1の波:「ファーストウェーブ」地方の高校を卒業し、東京への進学。

第2の波:「セカンドウェーブ」地方の学校を卒業し、東京への就職。

この2つの波はよく知られていますが、第3の波が存在していることは、あまり知られていません。

第3の波:「サードウェーブ」それは、

30歳前後で地方での人生に見切りをつけ、東京に新たな人生を求めて上京する独身女性達の潮流。

この波に乗り、30歳前後で地方から東京へ上京してきた独身女性達を『Suits WOMAN』では 「サードウェーブ女子」 と名付けました。地方在住アラサー独身女性はなぜ東京を目指したのか? その「動機」と「東京での今」に迫りたいと思います。

 ☆☆☆

今回、お話を伺ったのは、茨城県出身の会社員・大谷京子さん(33歳・仮名)。彼女は茨城県ひたちなか市出身。明るめな髪色のショートカットから見える耳たぶには複数のピアス、ゆったりめのスウェット、細身のダメージジーンズにVANSのスニーカーを合わせていました。中高とひたちなか市で過ごし、大学は自宅から90分ほどかかる柏まで通学したそう。バンドが好きで、東京にはライブを観に遠征していたと言う彼女。30歳の時に上京します。

「本当は東京の大学に進学したかったのですが、金銭的な理由で、自宅から通える範囲で受かる大学を選ばなければならなくて。県内の大学はなんとなく嫌だったので、千葉で受験して。親が“一人暮らしさせるよりも、定期代の方が安い”と言って、柏の大学に進学しました」

隣県である千葉までの通学。しかし、同級生とも隔たりを感じたそう。

「地方から上京してきた同級生には“茨城”って関東でしょって言われるのですが、学生にとって、東京に出るには交通費が高いし、距離も結構あったんですよ。意外と“茨城”って千葉に近い取手や、都内へ通勤しているつくばのイメージが強いんだなって」

週一ペースでライブを観に行くようになったきっかけは、地元で開催されている音楽フェスでした。

「地元が良かったところは、1年に一度、大きな音楽フェスがひたちなかで開催されるんですよ。高校生の時に初めて行って。親も、東京にライブを観に行くっていうと、なかなか許してくれなかったのですが、地元で開催されるから安心だったみたいで。本当はいけないのですが、高校生の時は、1個のリストバンド(入場券として腕に巻くもの)を友達と使いまわして、観に行ったりしましたね」

地元でバンギャ活動を続ける決意をした京子さん。セカンドウェーブも実家暮らしを続ける。

1 2
アプリ 仕事 アラサー 婚活 アラフォー 結婚 iPhone レシピ 貧困女子 彼氏 iOS 時短 マネー 美人探偵 ダイエット 浮気事件簿 恋愛 デート CITRUS タブレット
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!