【派遣女子・どうして更新されないの?】 お嬢様大卒からの転落。保険証がない貧困女子へ~その2~

【派遣女子・どうして更新されないの?】 お嬢様大卒からの転落。保険証がない貧困女子へ~その2~

かつては、自分の時間が欲しい、自由な時間を謳歌したいと言う女性たちに支持された派遣と言う働き方。今回は、都内で派遣社員をしている吉田紘子さん(仮名・30歳)にお話を伺いました。

彼女は、地元で歴史のある女子校に進学。学内でも少数しか進学ができない、東京の系列大学への推薦を手に入れます。念願の東京での大学生活でしたが、生活費を稼ぐためにバイトに明け暮れる毎日。就職先の接客業では、先輩の女子社員のパワハラにあい退社を余儀なくされます。地元に残った妹が結婚し、子供を産んで親と同居し始めたため、実家に帰るのも難しい状況に追い込まれてしまいます。

紘子さんは、常に友人や妹と自分を比べてしまうと言います。

「地元ではお嬢様学校で有名だったんですよ。だから大学時代も居酒屋で働いているのを周りに隠していたくらい。大学時代の同級生はキラキラ女子っていうか、“NEWoMan”みたいな場所ができると、デザートとか食べに行ってインスタに画像をアップしたりするんです」

職探しを続ける紘子さんでしたが、どんどん条件が悪くなっていきます。

「仕事を辞めても、実家にも帰りづらくて。カードの販促の短期バイトとか、スーパーのデモンストレーターとか、セールの時期の繁忙スタッフとか、色々短期バイトをやりましたね」

短期バイトを繰り返しながら、派遣でやりたい仕事を見つけます。

「仕事を探していた時に、行きたかった商社が派遣で仕事を募集していたんです。それを見て、派遣会社に登録しました」

どうしても商社で働きたかったため、経歴を偽ってしまったそう。

「英文科だったので、採用になったみたいです。カリキュラムには短期留学とかあったのですが、自分は金銭的な理由で参加していなくて。面談で“海外に行ったことがある”って嘘ついたので、いつその話を聞かれるかびくびくしていましたね」

英文秘書の仕事に就くことができ、満足度は高かったがスキル不足を実感した。

「定型文に近いですが、たまに英文メールを書いたり。海外からの電話を取り次いだり。わからないことがあっても、聞きづらかったので大変でした」

紘子さんが常に抱えている不安は、収入に関して。

「年末になると、社員が休みを取りたいために派遣も休むように言われるんですよ。入ってすぐだと有給もないし、ただでさえ年末年始は稼働日が少なくなるので、給料が減るのに」

保険証がない生活で、病院に行けず痛みに耐えた……

1 2
ダイエット 美人探偵 時短 iOS デート アプリ iPhone 婚活 結婚 金運 アラサー アラフォー 派遣 CITRUS 恋愛 仕事 占い 浮気事件簿 貧困女子 レシピ
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!