【貧困女子】無職のアラフォー女子、ベッドで飲み続ける焼酎と干からびた半額フレンチトースト~その1~

【貧困女子】無職のアラフォー女子、ベッドで飲み続ける焼酎と干からびた半額フレンチトースト~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回、お話を伺ったのは、現在フリーランスのプランナー・新田秀美さん(仮名・38歳)。中堅大学のアート系の学部を卒業してから、新卒で学術系出版社に勤務します。しかしあまりの薄給のために制作会社に転職。その後、10年以上務めた会社を1年前に辞めてから苦しい生活を余儀なくされています。

170cm近くある大柄な体型にボブヘア、銀縁のメガネをかけていて真面目な印象です。取材時はワイン色のニットワンピースに、デニムをはき、底がすり減ったグレーのシープスキンのブーツを合わせていました。テーブルの上に置かれた手がふっくらしていて白く、スベスベしていたのが印象的でした。

現在の収入は手取りで月10万円。友人が経営する動画制作会社で企画職をしているそうです。腸炎や膀胱炎などを頻発するので、正社員として働くのは厳しいとのこと。

「10万円では、今住んでいる東京都渋谷区笹塚のマンションの家賃にしかなりません。たぶん、派遣会社に登録したほうが、社会保障もあって働けるんでしょうけれど、プライドが許さないんですよね。だって新卒の時からクリエイターとして、外部スタッフを使って、中心的人物になってチームを指揮してきたから、今さら社会の歯車の1つになって働くのはムリ。一時期、働かないとヤバいかな……と思った時に、派遣会社に連絡したんですけど、面接は説明会に参加してからと言われ、今さら無理だと思ってあきらめました」

今の仕事の内容は、週3で出勤して、1日あたり実際に働く時間は3時間程度。

「スタートしたばかりの、女のコのためのサイトを制作している会社です。友人というか、元彼が代表をしています。いろいろやることはありますよ。昼くらいに渋谷にある事務所に顔を出して、紹介する情報や商品について話し合って、現場のスタッフに指示するというのが仕事内容です。ヒマな人だと思われたくないので、忙しいふりをしていますが、もう限界かもしれない」

秀美さんは現在、200万円分のクレジットカードの返済が残っている

1 2
マネー デート 時短 CITRUS 恋愛 iOS アプリ 婚活 カップル iPhone 結婚 タブレット ダイエット 仕事 美人探偵 アラサー アラフォー レシピ 浮気事件簿 貧困女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!