【セカンド女子】心から信頼した彼はロリコン癖。気づかないまま費やした10代からの7年間~その1~

【セカンド女子】心から信頼した彼はロリコン癖。気づかないまま費やした10代からの7年間~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、神戸で美容師をしている老田愛華さん(仮名・35歳)。真っすぐに胸まで伸びた茶髪のロングヘアに、幅広な二重に大きくまん丸な瞳が印象的な女性です。少しふっくらとした体形を隠すように、サイズがやや大きめな服装をうまく着こなしています。長い接客業からか、話し方も柔らかく、全体的に親しみやすさを感じます。そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は滋賀県で、両親との3歳上の姉との4人家族です。父は普通のサラリーマン、母も近所のスーパーにパート勤めをしている普通の主婦です。家族仲は良くて、姉とは小さい頃こそおさがりばかりで嫌だったんですが、年齢を重ねるごとに仲良くなっていった感じです。よく2人で遊びに行ったりしていました。顔もそっくりなんですよ。小さい頃は美人姉妹と近所から言われて、姉と一緒に調子に乗っていましたね。中学、高校も姉と同じところに行きました。自分ではそこまで意識していなかったんですけど、姉と同じなら大丈夫だと安心感があったのかもしれません」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学3年生の時です。同じ塾に通っている他校生の子でした。得意な教科が違ったので、教え合いっこをしているうちに意識するようになり、付き合うことになりました。彼とは同じ高校を目指していたので、無事合格した後も付き合いは続きました。でも、高校に入ると私がちょっとモテるようになったんです。そのことで目移りしてしまって……。高校に入って最初の夏休み前には、彼のことを振りました。同学年のほかに、先輩に気に入られて部活のマネージャーを頼まれたこともあったくらい、自分で言うのもなんですが人気があったんです。その後は色んな人と高校時代に付き合いました。でも誰と付き合っても、最初はちゃんと好きなんです、ただその気持ちが長続きしなくて……。付き合ってしばらく経つと相手の嫌な部分ばかり目につくようになり、他の人が良く見えたりしてしまって、高校時代は長くても3か月しか持ちませんでした」

その後、大阪の美容系の専門学校へ進学。美容師を目指してレッスンの日々になります。

「美容師を目指したのは、姉が美容師になったからです。高校生の時は、姉に髪を切ってもらっていました。姉は手が荒れて毎日しんどそうな姿ばかり見せていましたが、私もその姿に憧れてしまったんです。おしゃれも好きだったし、この妙に濃い顔もメイクでなんとかしたかったので。専門学校は大阪で、その頃には姉は大阪の美容院で働いていたので、私も追っかけて2人暮らしが始まりました。専門学校のクラスはやや女性が多くて、雰囲気イケメンの男子がモテていましたね。私にも、学校で新しい彼氏ができました。一緒にレッスンをペアで受けていたクラスの子です。彼は金髪にピアスをたくさんあけているようなチャラチャラした人でしたが、2人っきり時の甘えたかわいい感じが好きでした」

アルバイト先で社員男性に見初められ……!?

1 2
CITRUS アラサー 仕事 アプリ iPhone 派遣 結婚 派遣女子 アラフォー デート 美人探偵 時短 貧困女子 ダイエット 金運 婚活 レシピ iOS 浮気事件簿 恋愛
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!