【貧困女子】11年間実家寄生のアラサー娘、婚約者にかけられた浄化水と借金まみれの現実~その1~

【貧困女子】11年間実家寄生のアラサー娘、婚約者にかけられた浄化水と借金まみれの現実~その1~

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたのに、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです。

今回お話を伺ったのは、現在、両親が経営する飲食店でアルバイトをしている吉田美知佳さん(33歳)。現在の手取りの月収は10万円で、荒川区内のマンションに、両親と住んでいます。

美知佳さんは、33歳という実年齢以上に老けています。太目の体型に、白髪交じりのボブヘア、お会いしたのはお店のランチ客がはける14時30分だったのですが、喫茶店に到着するやいなや、ビールをオーダー。コップに注いで一息で飲み干すと、すぐにメンソールのタバコに火をつけました。

ファッションは、紺と赤のボーダーに、ベージュ色のチノパンツ。アメリカブランドの煤けたようなパンパンの長財布と、フランスブランドの家紋柄のシガレットケース、ピンク色のケースをつけたAndroidのスマホをテーブルの上に置いています。

「もう、自分の人生は“積んだ”というか、これから生きていてもいいことがないような気がするんですよね。両親がやっている汚い食堂で、下品なオヤジたちに囲まれて、酒をかっ食らって生きていくというか……。短大出てからすぐに勤めた健康食品の会社を2年で辞めてから、11年間、生活は全く変わりません。親は私を勤め人にしたかったみたいだけど、全然ムリだって」

なぜ、親は美知佳さんを“勤め人”にしたかったのでしょうか。

「自営業って辛いんですよ。みんなに頭を下げて、必死で働いてそれでやっと家族が生活できるだけのお金が稼げる。勤め人だったら、病気になろうが何しようが、給料が天から降って来るじゃないですか。親は自分と同じような苦労を私にさせたくなかったみたいです。でも、会社に勤務するなんて絶対ムリだって。だって社会も会社も、男が作ってんですよ。男に有利なようにルールが決まっている。女は男より安く使える“使い捨ての労働力”としてハンパないハイプレッシャーで働かされるんだから」

いわゆる、ブラック企業だったのかと伺うと、そうではないといいます。

「待遇は悪くはなかったと思います。休みもあったし、成績優秀者にはハワイ旅行とか、いろんな特典がありました。でもやっぱり、それだから会社の地位が上がるわけではないんですよね。同じ成績を残していても男のほうに役職が付くんですよ。女の私達には、旅行とかテーマパークのチケットとか、商品券数万円とかでハイ終わり。女の人の役員はいないし、結婚すると寿退社するし、この会社では頑張れないと思って、2年で辞めちゃいました」

上司から受けた学歴差別と、泥棒の濡れ衣を着せられて……

1 2
仕事 結婚 iOS アプリ 婚活 アラサー 美人探偵 派遣 恋愛 金運 時短 ダイエット 占い デート CITRUS レシピ 貧困女子 iPhone 浮気事件簿 アラフォー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!