【脱貧困診断】ひとり暮らしのアラサーOL。いくら現金でもっていたら年末年始を乗り切れる?

【脱貧困診断】ひとり暮らしのアラサーOL。いくら現金でもっていたら年末年始を乗り切れる?

今月からスタートした新連載【脱貧困診断】。働く女性の超個人的なマネーの悩みを女子マネーの賢人、森井じゅんさんがズバリ答えてくれます。

本日の相談は、通信会社に勤める横山紀恵さん(仮名・32歳)から。

「年末年始はATMが動かなくなりますよね。ひとり暮らしの場合、最低限、いくら現金で持っていれば乗り切れるものなんでしょうか」

さっそく森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

年末年始と言わず、いつでもニコニコ現金払いが脱貧困の近道

日本経済新聞の調査では、1年で最もお金が使われる日は元旦だそうです。そして2番目が大晦日……と、年末年始に集中してお金が使われているという現実があります。

脱貧困を目指すなら、クレジットカードを持たずに、現金だけで生きていくことがいちばんです。でも、現金を手元に多くもちすぎると使ってしまいがち。通常は、月に何度か、必要最低限の現金を銀行口座から引き出して財布で管理するのが一番です。

しかし、ATMが動かない年末年始は、「必要最低限の現金しかもたない」という戦略は危険です。初詣やお年玉配り、年末年始の手土産など、現金の持ち合わせがないと困る場合もでてくるでしょう。「年末年始はどこにも行かないから大丈夫」と思っていても予定は未定。突然の予定が入る事も十分に考えられるので、ある程度の余裕をもって現金を用意しておくことが大切です。現金を縛ることで、クレジットカードやキャッシングなどを利用してしまい逆に費用がかかってしまうことも。

ATMは12月31日から1月3日まで使わない

まず、金融機関の年末年始営業日をおさらいしておきましょう。
大手銀行やゆうちょ銀行は年末は12月30日まで営業、年始は1月4日から営業です。つまり12月31日から1月3日の4日間は基本的にどこもお休みです。そして、その期間は年またぎのシステムエラーなどでATMが使えなくなってしまったりする可能性もあります。また、コンビニのATMなどはたとえ使えても手数料がかかります。12月30日までに、年末年始に必要な現金を用意しておきましょう。1日の生活費(食費)+イベント費(お年玉やすでに決まっている予定の支払いなど)に加えて、2~3万円予備として現金でもっていると安心でしょう。

昔から「何かあった時のために財布には年齢×1000円の現金を持っておくべき」という話があります。質問者さんが20代の社会人として2万円はお財布に入れておいて欲しいですね。年齢×1000円なんて昔の話だ、という人もいますが、お金の管理は今も昔も変わりません。管理の基本は自分の必要なものを知り、いくら必要で実際にいくら使っているのかを把握することです。クレジットカードや電子マネーを利用することで、自分の出費が把握できなくなっている人も多くみかけます。

使わないようにお金を持たない・お金を持つのは不安、という方もいますが、「お金を持っていても使わない」ことも大事です。お金の管理は、持っているか否かに関わらず、自分が必要なものだけを買うことができる事です。クレジットカードや電子マネーに頼らず、自分でお金の管理ができるようになってください。

第1回でお話した

1 生活費
2 臨時出費
3 目的別貯金
4 将来用貯蓄

のうち、2か3として予算をたててみましょう。

1 2
ダイエット 結婚 アラフォー レシピ カップル 美人探偵 アプリ 時短 貧困女子 CITRUS iPhone 婚活 浮気事件簿 タブレット デート 恋愛 アラサー iOS 仕事 マネー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!