【脱貧困!】「敷金、礼金を値切りたい」。アラサーのひとり暮らし。初期費用をできるだけかけない賢い引っ越し術は?

【脱貧困!】「敷金、礼金を値切りたい」。アラサーのひとり暮らし。初期費用をできるだけかけない賢い引っ越し術は?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、通信会社に勤める宇津木乃愛さん(仮名・30歳)さんから。

「同棲していた相手と婚約破棄になってしまい、ひとり暮らしをしようと思っています。敷金礼金ゼロの物件で探していたのですが住みたい物件がありません。敷金が3か月で礼金が1か月、敷金が2か月で礼金が2か月、敷金が1か月で礼金がゼロなど、物件によって違いますが、ディスカウントの交渉がしやすい組み合わせってありますか? そもそも、礼金、敷金ってなんでしょう? 敷金は退去するときに返ってくるんですよね?」

森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

 

初期費用は家賃の6か月分

新しい人生のスタートですね。婚約破棄の経緯は分かりませんが、ひとり暮らしという自分だけのスペース、自分の気に入った空間を見つけたいですね。そのための費用を見ていきましょう。

新たに物件を借りる場合、最初に払うことになるお金はおよそ家賃の6か月分と言われています。

最近では、保証人を立てても、さらに保証会社への保証金が必要になることがあります。そういったケースではさらに初期負担がふくらみます。イメージ的には8万円の物件を借りるために50万円もの初期費用。この大きな支出の内訳は、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・前共益費・火災保険料などです。それらひとつひとつがどのようなものなのか見ていきましょう。

初期費用の中で、退去時に返金される可能性があるのは敷金だけ

敷金とは、家主・管理会社へ預入するお金。「担保」としての役割があり、家賃を滞納した場合や、部屋を汚したり壊したりした場合の修繕費に充てるもので、退去時に、残金が返金されます。つまり、何も問題がなければ全額戻ってくるものです。一方、契約書にハウスクリーニングやエアコン清掃代、クロスの張り替え代が借主負担であるという記載がある場合には注意が必要です。一般的には「戻ってくるお金」として認識されている敷金ですが、いくら返金になるかで揉め事も多いのが現状です。

とはいえ、家主からの提示額が大きすぎるような場合には、言われるがままに負担しなくてはいけないものでもありません。契約書に負担の記載があったとしても、相場とかけ離れている等その契約内容によっては無効となる場合があり、当初提示された返金額より多くが戻ってくるケースもあります。

いずれにしても初期費用の中で返金の可能性があるものは敷金だけです。これから以下に挙げる費用は戻ってくることはありません。

礼金

借り主から大家さんに支払う謝礼金です。借主さんが大家さんと良好な関係を築くために払うという趣旨ですね。

仲介手数料

物件を紹介してくれた不動産屋さんへの手数料です。国土交通省も仲介手数料は家賃の1か月分以内としており、家賃の1か月分が相場です。

前家賃・前共益費

入居後1~2か月分の家賃・共益費等を前払いで支払います。

火災保険料・鍵交換代

大家さんや不動産業者に勧められるままに入るのではなく、自分でリーズナブルなものを探せば、保険料を下げることはできますが、いずれにしても火災保険は必須です。鍵交換もセキュリティー上、必ずすべきものです。

1 2
タブレット アラサー 彼氏 仕事 レシピ CITRUS 結婚 デート 時短 婚活 恋愛 iPhone マネー 貧困女子 ダイエット 美人探偵 浮気事件簿 アプリ iOS アラフォー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!