【脱貧困!】アラサーのひとり暮らし。不動産屋さんにいい物件を紹介してもらうテクは?

【脱貧困!】アラサーのひとり暮らし。不動産屋さんにいい物件を紹介してもらうテクは?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、販売員の笹本瑛子さん(仮名・30歳)さんから。

「引っ越しをしたいと思っています。いい物件があればいつでも、と思っているのですが、3月に出る物件は高いと聞き、もったいないのかなあと思い始めました。いつごろまで待つのがベストですか? また、不動産屋さんが契約をとりたい“おすすめ”ではなく、私のためのいい物件を紹介してもらいたいんです。私が、知っていないと相手にナメられる制度などあれば教えてください」

森井じゅんさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

物件探しのおすすめ月は5月から8月

4月から新生活を始める人が多いため、賃貸物件業界・引っ越し業界ともに、1月から3月は繁忙期。その結果、不動産屋さんの対応を不十分に感じたり、いいなと思う物件を見つけても、タッチの差で入居者が決まってしまていたりする場合も少なくありません。1月から3月は、物件が豊富というメリットがある一方で、物件の細かな確認や値下げ交渉がしにくいなどといったデメリットがあるのです。

そして、4月中には大半の引っ越しが終わり、5月からオフシーズンに入ります。9月は人事異動の発表があったりして、不動産業界は再びオンシーズンに。このことをふまえると、物件佐橋のおすすめ月は、5月から8月ということになります。

オンシーズンは引っ越し代も高い

引っ越し屋さんの繁忙期となる3月は、引っ越し料金も非常に高くなります。オフシーズンの数倍となるケースも。さらに、希望日時が指定できないという状況も発生します。
オフシーズンなら、引っ越し屋さんにも余裕があり、柔軟に希望時間を聞いてくれたりします。オフシーズン中でも、引っ越しは月末に集中しがち。月末を避け、平日を狙うことでさらに引っ越し費用を安くすることが可能です。

また、引っ越し料金は、業者によってまちまちです。少なくとも3社以上の見積もりを取って、比較検討することをお勧めします。

手厚い対応を受けたいならオフシーズン狙いで

オフシーズン中は、不動産屋さんも暇になり、部屋探しをする一人ひとりにより丁寧に対応してくれます。いろいろな質問にも答えてくれることで、物件の初期費用という、大きな出費に伴う不安も減りますね。値下げ交渉もしやすいですよ。
また、家賃の更新のタイミングで引っ越しを考える人が圧倒的に多いのです。今回オフシーズンに引っ越しをすると、更新のタイミングもオフシーズンとなり、次に引っ越しをするときにも、繁忙期を避けることができます。

1 2
アラフォー アラサー iOS CITRUS 浮気事件簿 iPhone タブレット 婚活 ダイエット マネー 時短 アプリ デート レシピ 彼氏 結婚 貧困女子 美人探偵 恋愛 仕事
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!