【脱貧困!】毎月の国民健康保険料で生活が圧迫。解約ってできないの?

【脱貧困!】毎月の国民健康保険料で生活が圧迫。解約ってできないの?

お金に苦労せず、幸せに生きていくことを目指す【脱貧困診断】。今回の相談は、出版社を退職し、フリーライターとして仕事をスタートさせたばかりの滑腰隆美さん(仮名・31歳)からの質問です。

「国民健康料の毎月の支払が1万9800円。高くて驚きました。そもそも、在職していた時期だって一度も病院にかかっていないし、払い損だと思います。やめることはできないのでしょうか。また、安くしてもらう方法、支払いを待ってもらう方法などがあれば教えてください」

少ない収入でやりくりする中で、毎月2万円あまりの支払いは厳しいもの。切り抜ける方法はあるのでしょうか。森井じゅんさんに聞いてみましょう。

☆☆☆

社会保険に加入できない人は国民健康保険に強制加入

日本の健康保険は「国民皆保険」という制度で、国民は必ず何らかの公的保険に加入しなければなりません。

私たちは、いつ、病気やけがになるかわかりません。公的保険は、そうした場合に備えて日ごろからみんなでお金を出し合い、医療費に充てようという相互扶助を目的とした制度です。

会社員には企業の健康保険、医師や理美容師には健康保険組合、公務員には共済組合といった社会保険制度があります。そういった社会保険に加入していない場合には、強制的に国民健康保険の加入者となります。

国民健康保険は主に地方自治体が運営しており、保険料は国民健康保険料又は国民健康保険税と呼ばれます。

社会保険の加入者以外が国民健康保険の加入者となるため、主に自営業やフリーランスで仕事をしている方、そのご家族が対象になります。また、会社を退職して無職になった人も、国民健康保険に加入しなければなりません。

国民健康保険は原則、脱退できない

国民健康保険の加入手続きをとると、原則として脱退することが認められていません。脱退できるのは、就職して社会保険に加入する場合だけです。

国民健康保険の加入義務が発生した場合、「国保の加入手続きをしなければバレないのでは?」と思う人もいるようです。でも、実は強制的に加入させられているのです。加入しているということは当然納付の義務も発生しますし、滞納すれば処分を受けることになります。

とはいえ、国民健康保険料の負担は大きいもの。国民健康保険は基本的に前年の所得をベースに計算されるので、特に、会社を辞めて自営業になったばかりの人には楽ではありません。 また、フリーランスを始めたばかりなど、収入がほとんどない状況での支払いはつらいですよね。

でも、どうしても払えないという人に、森井さんから3つのアドバイス

1 2
iOS アラフォー 貧困女子 アラサー 金運 時短 デート CITRUS 仕事 iPhone 美人探偵 婚活 恋愛 レシピ 結婚 アプリ ダイエット 浮気事件簿 派遣 派遣女子
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!