【脱貧困!】貯金ができない独身アラサーOLに貯蓄型保険は味方になりますか?

【脱貧困!】貯金ができない独身アラサーOLに貯蓄型保険は味方になりますか?

現在は月払保険料がそれほど負担に感じなくても、人生の中で経済状況が変わることはたくさんあります。お勤めの会社が傾くこともあり得ますし、家族構成が変わり他にお金が必要になることなど、さまざまな可能性があります。

保険の見直しをしようと思ったときも、貯蓄型保険は不利になります。なぜなら、貯蓄型保険は商品数が少なく、商品そのものも複雑。選択肢が少ないのです。また、月払保険料を減額することが困難、というのもデメリットです。

ちなみに、保険料を払いきるまでに解約した場合には、非常に少ない解約返戻金しか受け取ることができません。

保険で一番怖いのは、一番病気をしやすくなる年齢で高い保険料を払い続ける事ができずに解約し、無保険になってしまう事です。

医療保険に加入をすると、長い間保険料を支払っていくことになります。
貯蓄のつもりだから月々の保険料くらいは払えると思っていても、いつでも解約できる貯蓄とは違います。途中で解約となる可能性がある場合には、貯蓄型の医療保険に入ること自体がリスクとなります。だったら、貯金は別にしたほうがいいのでは。

ちなみに上記と似た保険に掛け捨てで加入する場合には、商品は月3,000円台から揃っています。

選択肢の多い掛け捨て型保険なら、加入時に様々な特約をつけ組み合わせることで、解約返戻金を受け取れるようにすることもできます。
現在では様々なリスクに対応できるよう特約が幅広く取りそろえられていて、自分自身が備えたいリスクに対応する半オーダーメードの保険も選べます。

医療保険は本来、病気・ケガで入院、手術をしたときに困らないようにしておく商品です。先進医療特約やがんの特約、通院保障などなど。医療保険を考える場合には医療保険として考え、ご自身に必要な特約などを考えてみてください。

ほけん

貯金しないとな、っていう気持ちはあるんだけど……。

賢人のまとめ

貯蓄型保険を貯蓄と考えた場合、それほどのありがたみはありません。途中解約もしにくい商品ですから、加入は慎重に。貯蓄型より月々の負担が少ない掛け捨て型医療保険でも、特約で解約返戻金を受け取れるプランもあります。

1 2

賢人プロフィール

女子マネーの達人森井じゅん

1980年生まれ。高校を中退後、大検を取得。レイクランド大学ジャパンキャンパスを経てネバダ州立リノ大学に留学。留学中はカジノの経理部で日常経理を担当。

一女を出産し帰国後、シングルマザーとして子育てをしながら公認会計士資格を取得。平成26年に森井会計事務所を開設し、税務申告業務及びコンサル業務を行なっている。