【法律相談】「君は好きだけど、性交渉はムリ」と断言。話題の小説の逆パターン夫婦の解決策は?

【法律相談】「君は好きだけど、性交渉はムリ」と断言。話題の小説の逆パターン夫婦の解決策は?

弁護士・柳原桑子先生が、堅実女子の悩みに答える本連載。

今回の相談者は、瑞希さん(33歳・派遣社員勤務)。3年間交際した2歳年上の男性と、先日入籍して夫婦になりましたが、早くもレス問題……というより、夫婦の営みそのものを拒否されたようです。

「結婚式の後、入籍しました。その夜に、夫から“君のことは好きで、一緒に生きていきたいし、信頼しているけれど、性交渉は妊娠目的以外できない”と言われました。夫に言わせると、結婚したら家族になり、性交渉は恋人関係じゃないとできない、という理屈のようです。

子供はどうするのか、と聞いたら、“妊娠しやすい期間なら協力するけれど、僕は子どもが欲しくない”と言われてしまいました。

私も、それほど子供が産みたいというタイプではなく、経済的にも子育ては難しいので、ひょっとしたら一生しないのかもしれません。

けっこうショックを受けて泣いていたら、”どうしてもしたくなったらほかの男性としてもいい”と言われました。私は夫のことが好きですし、彼以外とはしたくないと思います。夫も、他の人とはする気がないと言っていました。

今、作家・こだまさんが書いた、夫と性交渉ができない妻の体験談を描いた女性の小説が話題ですが、私は逆パターンです。

もし、このままの状況が続けば、離婚となってしまう場合、性交渉は夫婦の義務と聞いたことがあるので、私は彼から慰謝料をもらうことができるのでしょうか。

離婚をしないで済む方法があれば、たくさんの夫婦を見てきた柳原先生にアドバイスをいただきたいです」

 柳原桑子先生のアンサーは次のページへ!

1 2
iOS 金運 恋愛 時短 CITRUS アラフォー アプリ デート 美人探偵 ダイエット 浮気事件簿 レシピ 派遣女子 派遣 アラサー 結婚 貧困女子 婚活 iPhone 仕事
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!