【ビジネス女子マナーQ&A】バレンタインデー間近、「会社関係者に義理チョコ」文化はまだ続きますか?

【ビジネス女子マナーQ&A】バレンタインデー間近、「会社関係者に義理チョコ」文化はまだ続きますか?

働き女子のためのビジネスマナー、今回の質問は、電気メーカーに勤める矢野奈々さん(仮名・32歳)から。

「派遣会社に登録していて、今の会社でSEの仕事を3年続けさせてもらっています。バレンタインが近づいてきて、会社関係者への義理チョコを買うべきか迷っています。去年はチームリーダー用と、一緒に仕事をしている女性の方用にと準備したのですが、渡すタイミングがなくって……。結局、自分で食べました。お金もバカにならないし、選ぶのも手間。ムダになるのはイヤなのですが、万が一、他の人が渡しているのに自分だけ用意がないというのも、好感度が下がりそうで……。ビジネスマナーとしては、用意しておくべきなんでしょうか」

鈴木真理子先生に聞いてみましょう。

☆☆☆

義理チョコ文化はすたれている

今年のバレンタインデーは火曜日。職場の男性に義理チョコをあげるべきか悩む人もいるかもしれません。最近は、友チョコという名で女友達に配ったりもするようですから、男性上司や先輩だけでなく、お世話になっている女性の方にも配るべきでは……と考えてしまう気持ちはよくわかります。

しかし、私がセミナーなどで伺っている企業にバレンタインデー事情をリサーチしたところ、女性社員が上司や先輩に義理チョコを渡すところは、ほぼゼロに近い状況です。また、20代~30代の若手男性に「ほしいですか?」と聞いてみると、「義理ならいりません」とキッパリ。受け取る相手の方も、義理チョコは必要なしと思っている世代もいます。

1 2