【ビジネス女子マナーQ&A】同期入社の女性が先に昇格!悔しくて祝福できないときはどうする?

【ビジネス女子マナーQ&A】同期入社の女性が先に昇格!悔しくて祝福できないときはどうする?

今回のビジネスマナーは、IT関連会社勤務の小林みずきさん(仮名・32歳)から届いた相談です。

「新卒入社で共に頑張ってきた女性の昇格が決まりました。おめでとうという気持ちはもちろんあったのですが、素直に言葉にできず、目が泳いでしまいました。相手も気にしているようで……。こういうときはどうしたらいいんでしょう」

どんなに仲が良くても、むしろ、仲がいいからこそ、相手の幸せを素直に喜べないことってあります。とっさに目が泳いでしまったという質問者さんに、共感できる人も多いのでは?これから、どういう態度をとればいいでしょうか。さっそく、鈴木真理子先生に伺ってみましょう。

☆☆☆

 祝福できないのは、悔しいからだけじゃない

これまで、同じペースで進んできたと思っていた同僚に、ある日突然、先を越されてしまう……。アラサーになると、そんなシチュエーションもいろいろなところで起こりますね。

こういうとき、祝福できなかった自分を「悔しさに負けた、心の狭い人間だ」と責めてしまう人も多いのですが、祝福できない本音は、悔しさだけではないのではないでしょうか。

寂しいから、今までとはふたりの関係が変わってしまうのがショックだから。そのくらい相手と一緒に過ごした時間が大好きだったから、という気持ちもあるのだと思いますよ。

胸に手を当てて、考えてみてください。本当はおめでとうと言いたかったのではないでしょうか。でも、寂しい気持ちのほうが前に出てしまって、祝福の言葉がでなかったーー。それが本音ではないでしょうか。

相談者さんは彼女をきちんと祝福できなかったことを、「相手も気づいたようだ」と気に病んでいるようですが、もともと仲がよかったのならなおさら、その気持ちを素直に伝えるべきだと思います。

1 2
デート レシピ 時短 仕事 派遣 金運 結婚 貧困女子 iPhone 派遣女子 CITRUS iOS ダイエット 美人探偵 浮気事件簿 アラサー アラフォー 恋愛 婚活 アプリ
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!