【眠れないあなたへ】年末年始の眠り方〜爽やかな仕事始めを迎えるための心得3か条

【眠れないあなたへ】年末年始の眠り方〜爽やかな仕事始めを迎えるための心得3か条

もうすぐ待ちに待った冬休み! 寝るぞ〜! 寝正月するぞ〜! なんていっても年末年始、何かと生活リズムが不規則になり、睡眠のリズムもくずれがち。でも心配しないで。年末年始の上手な眠り方があります。 

来年は自分に合った睡眠パターンを見つけよう!

忘年会、カウントダウン、初詣、初売り、新年会。いろいろ行事の多い年末年始。夜更かし、早起き、おまけに飲み過ぎ、食べ過ぎも。生活習慣の乱れはそのまま睡眠の乱れにつながります。なので、この時期に睡眠のリズムを崩してしまう人がとても多いのです。崩したまま仕事始めに突入したくはありませんね。そのための心得3か条をご紹介します。

1.「年末年始の睡眠は乱れるものだ」と割り切る

眠れない人は、「いつもと同じ時間に寝なくちゃ、いつもと同じ時間に起きなくちゃ」と、ふだんのルールを守りたがる傾向があります。ルーティンを崩すと眠れなくなるという心配があるからですね。よくわかります。ただ、年末年始にルーティンを順守するのは実際のところかなり難しいですよね。逆にプレッシャーになることと思います。ですから、まず、この季節は睡眠をシビアに考えすぎないこと。寝不足になって当然、不規則になって当たり前、だって年末年始だもん、くらいの大らかな心持ちをもってください。 

2.自分に合った睡眠パターンを見つけるチャンス

年末年始のお休みは、眠りが不規則にある反面、自分に合った睡眠パターンを見つける絶好のチャンスでもあります。

まず、目覚まし時計をかけずに寝てみます。すると何時に目が覚めるのか。何時間寝ると、ぐっすり寝た気がするのか。夜中に何回、起きたか。その後、すぐ眠れたか。これらを記録します。私のホームページから「睡眠日誌」がダウンロードできますので、ぜひ活用してください。

 「睡眠時間は8時間がベスト」と思い込んでいる人が多いのですが、必要な睡眠時間は人によって違います。どういうパターンが自分にとって最高なのか、自分にはどんな問題があるのか。記録することによって見えてきます。記録するだけで眠りが改善できる、レコーレディング・ダイエットならぬ、レコーディング・スリーピングです。睡眠パターンの発見は週末2日だけでは難しいもの。休みが続く年末年始に試してみてください。

1 2
レシピ タブレット 時短 婚活 キャリアアップ 恋愛 仕事 マネー iOS 美人探偵 貧困女子 iPhone アラサー 浮気事件簿 結婚 CITRUS アプリ ダイエット デート アラフォー
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!