【眠れないあなたへ】布団に入ってもなかなか眠れない……マインドフルネスのすすめ

【眠れないあなたへ】布団に入ってもなかなか眠れない……マインドフルネスのすすめ

寝つきのよくない人は、どちらかというと生真面目な性格の人が多いそうです。毎日一生懸命に仕事して、まじめに生きているあなたに、寝つきのよくなる、とっておきの方法を友野なおさんが教えます。

寝る前に「ひとり反省会」を開かない

寝つきのよくない人によくみられるクセのひとつが、寝る前に「ひとり反省会」を開いてしまうことです。今日1日を振り返り、あんなことがあった、こんなことをやった、と。日記を書くなら夜に書く人が多いでしょう。それ自体は悪いことではありません。ただ、生真面目な人は、そこでどうしても反省してしまいます。

反省することは悪いことではありません。ただ、夜は心も体も疲れています。疲労した大脳で考えると、何ごともあまりポジティブな考え方はできないものです。昼間なら「どうってことない」「大丈夫」と思えることも、夜の疲れた大脳ではそうはいきません。ほんのちょっとした失敗についても、なんであんなことしちゃったんだろう? 何がいけなかったんだろう? とモヤモヤし始めます。なんであんな言い方しちゃったんだろう? なんであんなメールを返しちゃったんだろう? ……夜はネガティブになりやすいのです。

するとドツボにはまります。私、なんてダメな人間だろう……、明日も同じ失敗をしたらどうしよう……。今考えてもどうしようもない明日についての思考が頭の中で右往左往しはじめます。どうしようどうしようが、頭の中で堂々めぐりして寝つけない……

ですから自分の思考のクセを知り、それとの向き合い方を知っておくこと。寝る前にドツボにはまらない自分なりのメソッドを持っておくことが大事になってきます。

1 2