【眠れないあなたへ】夜中に何度も目が覚めます……ぐっすり寝たい人に効果的な方法は「遅寝早起き」!?

【眠れないあなたへ】夜中に何度も目が覚めます……ぐっすり寝たい人に効果的な方法は「遅寝早起き」!?

夜中に何度も目が覚めるので寝た気がしない。目が覚めた後、なかなか寝つけない。そんなお悩みを抱えている人は多いです。今回はIT系企業に勤める佐藤春奈さん(仮名・34歳)からの相談です。

「夜中に目が覚めると、そのまま眠れなくなってしまいます。トイレに起きないように寝る前の水分摂取を減らしているのに、それでもやっぱり目が覚める……ぐっすり眠りたいのに、どうしたらいいのでしょうか?」

友野なおさんに教えていただきましょう。

☆☆☆

「遅寝早起き」で睡眠効率を高める

「いい眠り」とは適切な量(睡眠時間)と、質の高い眠りが確保されて初めて成立します。夜中に何度も目が覚めてしまうのは、専門用語で言いますと「睡眠効率が悪い」ということになります。「睡眠の質が低い」とも言えます。中途覚醒の原因にはさまざまなことが考えられますが、ひとつにはストレスによる自律神経の乱れです。また、「今日も夜中に起きてしまうのでは?」という不安それ自体もストレスになります。

自律神経の乱れを防ぐストレス・ケアについては人それぞれ、さまざまな方法があり、みなさんもそれぞれ実践されているかと思います。ここでは睡眠に直結した対策方法をご紹介します。「睡眠時間制限法」という、やや強行的ではあありますが、睡眠効率をグッと高める方法です。

よい眠りの大原則は一般に「早寝早起き」と言われていますが、睡眠時間制限法では「遅寝早起き」を実践します。いつもより遅く寝て、起きる時間はいつもと同じにするのです。つまり睡眠時間を少なくします。えっ!? 睡眠時間減らすの? と、びっくりされる方もいるでしょう。ただでさえ少ない睡眠時間を減らすなんて絶対いや! と思われる方もいるでしょう。睡眠時間が減ることへの恐怖が強い方は、週末やお休みの日の前などに試してみてください。

睡眠時間制限法は、もともと中途覚醒が増えて睡眠効率が落ちてくる60歳以上を対象に用いることの多い睡眠療法のひとつです。年齢とともに熟睡する時間が減少し、日中うとうとしてしまう、夜眠れないという悪循環にはまりがちです。そこで夜の睡眠時間を減らして密度の高い眠りにするために有効なのが、睡眠時間制限法です。

1 2
仕事 結婚 アラフォー 時短 アプリ マネー デート ダイエット 浮気事件簿 レシピ 彼氏 CITRUS iPhone タブレット iOS 美人探偵 婚活 貧困女子 アラサー 恋愛
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!