【眠れないあなたへ】冬なのに寝汗の多い人がしているとんでもないこと

【眠れないあなたへ】冬なのに寝汗の多い人がしているとんでもないこと

温泉に入ったわけでもないのに寝汗でびっしょり。どこか悪いところがあるのでしょうか?

自律神経の乱れ、生理中のホルモンバランスの乱れも影響

人は寝ている間にコップ1杯分ほどの寝汗をかきます。だから朝起きたときにコップ1杯の水を飲んで、水分補給する必要があるのです。しかし、パジャマがグッショリするほどの汗となると正常な寝汗とはいえません。原因として考えられるのは、第一に自律神経の乱れです。

自律神経とは呼吸や代謝、消化など、自分の意志とは関係なく自動的に作動する神経系の総称。自律という言葉どおり、本人はコントロールできません。自律神経の働きが乱れると、めまい、頭痛、食欲不振、不眠、冷や汗、動悸などの症状が見られることがあり、人によって症状の種類や度合いは異なります。

原因として考えられるのは、まずストレスや生活習慣の乱れ。暴飲暴食、特にアルコールの飲み過ぎです。お風呂上りのビールは、飲み過ぎてしまうと発汗が余計に進み、背中が蒸れるのでほどほどにしましょう。最近の生活を振り返って思い当たるところがあれば、まずそれを改善していきましょう。朝起きて夜眠る、決まった時間に起きる、朝ごはんを食べる、長時間働き過ぎない、飲み過ぎない、タバコは吸わない、適度な運動をするなど。当たり前のことですが、日々の仕事に追われていると、ついついなおざりになってしまいますよね。

生理中のホルモンバランス変動による乱れも考えられます。寝汗以外にも、ふだんから生理周期が不順であるとか、生理前に体調がくずれるなどの症状がある人は、ホルモンバランスの乱れ=自律神経の乱れによる多汗症の可能性もあります。

1 2
iOS 彼氏 タブレット マネー レシピ CITRUS 時短 恋愛 貧困女子 浮気事件簿 アラサー ダイエット アプリ 仕事 結婚 美人探偵 アラフォー 婚活 iPhone デート
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!