【眠れないあなたへ】「寝言が多いな……」と彼に言われて気になっています。寝言と夢の関係は?

【眠れないあなたへ】「寝言が多いな……」と彼に言われて気になっています。寝言と夢の関係は?

「彼に“寝言すごく言ってたよ”と言われ、気になっています。もしかして何かヘンなこと言ってるのかも……? 気になって、熟睡するのがちょっと不安です」と、メーカー勤務の東條みどりさん(仮名・31歳)からのご相談です。寝言が気になって眠れない、となると快眠を妨げることになりかねません。寝言不安を解消しましょう!

寝言と夢の内容は関連あるの? 

人はなぜ寝言を言うのでしょうか? 実は、寝言のメカニズムはよくわかっていないのです。夢の内容に反応して寝言を言っていると考えられているようですが、それもまったく推測の域を出ていない話です。

一般的に、寝言はレム睡眠(体は弛緩しているが、大脳は活動している状態。これに対して大脳も活動していないのがノンレム睡眠)の前後に出ることが多いようです。目覚めた後に、「昨日こんな夢を見た」とか「内容は覚えていないが夢を見たことは覚えている」といえるような夢は、朝型に出現するレム睡眠中に見た夢の可能性があります。しかし、そもそも夢を見るメカニズムもわかっていないので、夢と寝言の関係は不明です。

明らかなことは、脳が意識して寝言を言っているわけでないということです。つまり、本人にとってまったく意識していないこと、関係のないこと、つじつまの合わないことが寝言で出てくることも普通にあるわけです。ですから、パートナーの寝言の内容に「んんん?」と思うことがあっても、責めないようにしましょう。意識しているから、思い入れが強いから寝言にまで出てしまった、と決めつけるわけにはいきませんからね。

ひとつ、寝言でわかっているのは、遺伝的要因が強いということ。寝言が出やすい人と出にくい人がいるのです。実は、私の家人がかなり寝言を言います。それもとても面白い寝言を言うんです。メモっておきたくなるぐらい面白いのです。しかし翌日、本人に寝言でこんなことを言ってたよと教えてあげると、本人はまったく覚えていないのはもちろん、内容も本人にとって意味不明だったり、取るに足らないことだったりします。おそらく彼の寝言は、遺伝的要因から来ているのだと思います。つまり、本人にとってもあずかり知らぬことをつぶやいているのです。

1 2