【大人のフェイスブック講座】些細なことだけど残念な印象を与える行為

【大人のフェイスブック講座】些細なことだけど残念な印象を与える行為

今日もSNSは寂しい私たちに、つかの間の安らぎやうわべの励ましを与えてくれています。現実逃避や空威張りといった甘美な快感を味わわせてくれるのも、お手のもの。ああ、なんてありがたい存在なのでしょうか。

しかし同時に、使い方をひとつ間違えるとヤケドをする危険な存在でもあります。ここではフェイスブックでやってしまいがちで、些細なことだけど見ている人に「うーん、ちょっと残念……」という印象を与えてしまう5つの行為をご紹介しましょう。

【残念な印象を与える5つの行為】

その1「ほかのコメントを読まずに同じ質問をする」
その2「公開設定が『友達限定』なのにシェアする」
その3「昔の投稿に、あらためてコメントをつける」
その4「当人がフェイスブック上で明かしていない情報を書く」
その5「場所やURLなど必要な情報が書いてない」

みなさんも、見かけた覚えがあるかと存じます。あるいは、「あれ、自分もやってるかも」とギクッとなさったでしょうか。どれも、本当に些細なことです。間違った使い方とも言い切れないし、わざわざ指摘するほどのことではありません。それだけに、本人はいつまでも自覚せずに同じことを繰り返しがちです。

その1「ほかのコメントを読まずに同じ質問をする」

見ている側は「それ、もう上のほうで解決してるから」「さっきも同じこと言ってる人がいるから」という突っ込みを入れずにいられません。これをやる人は、ちょっと調べればすぐわかること(本の作者の名前とか)を平気で尋ねる傾向もあります。

まあ、スマホだとほかの人のコメントを見るのが面倒だったりもするので、仕方ないのかもしれません。ただ、知らないうちに「うーん、ちょっと残念……」という印象を与えたくなかったら、もうひと手間を惜しまないようにしましょう。

その2「公開設定が『友達限定』なのにシェアする」

お気持ちは、たいへんありがたいし嬉しいと思います。しかし、公開設定が「友達限定」になっている投稿をシェアしても、シェアの意味はほぼありません。「いいね!」もほとんど付かなくて、シェアしてもらった側としてもなんだか悪いことをした気になってしまいます。シェアするときは、その投稿の公開設定を確認しましょう。ほかのサイトの記事のリンクを紹介している場合は、どういう設定でも大丈夫ですけど。

じつは自分も、フェイスブックを使い始めたころに、この過ちをやっていました。なにも意識せず「友達限定」の投稿をシェアしたところ、相手が「私の勝手で『友達限定』の設定にしているので見てもらえる人が少ないかもしれません。せっかくシェアしてもらったのにごめんなさい」とやさしく指摘してくれて、初めて「あっ、そっか」と気づいた次第です。謝るという形でこちらの無知を指摘してくれた相手に、高い大人力を感じました。

あなたの投稿は大丈夫?

あなたの投稿は大丈夫?

1 2
アラフォー マネー 時短 iPhone レシピ 金運 恋愛 アプリ 仕事 結婚 彼氏 ダイエット iOS 貧困女子 CITRUS アラサー 美人探偵 浮気事件簿 デート 婚活
  • 賢人人気ランキング

    人気記事ランキング

    Specialコンテンツ

    Information

    シャアしてね!