ビューティー&ヘルス 肩こりを解消するために知っておきたい筋肉&簡単ストレッチ

慢性肩こりになっていないかをチェックしたら、続いては、トラブルを未然に防ぐ簡単セルフケアをご紹介します。
肩こり解消のために覚えておきたい「筋肉」と、その筋肉をほぐすためのストレッチです。気がついたときにストレッチを取り入れて、肩こりの悩みとはさよならしましょう!
>>そのダル重、PCやスマホが原因かも! 働く女子の肩こり解消メソッド はこちら

肩こりとおさらばしたいならこの筋肉をおさえよ!

kenjo_20141202_01

胸鎖乳突筋とは
首を曲げるのに使う筋肉。鎖骨から耳の後ろにかけて斜めに伸び、この筋肉が固まると首から上の老廃物が詰まりやすくなる。

肩甲挙筋とは
首の後ろから肩甲骨にかけて伸びる筋肉。下を向いたり横を向いたりする姿勢を長時間続けることで、首こりの原因に。

僧帽筋とは
背中のいちばん表層にある筋肉。首、肩、背中と広範囲を覆っているので、この筋肉が固まるとすべての筋肉が停止してしまう。

この3つでOK! ストレッチ編

生活習慣による肩こりには、日々のストレッチがいちばん効果的。忙しい人でもさくっとできる簡単ストレッチなので、空いた時間に取り入れて、効率よくケアしましょう!

1 首モミモミで胸鎖乳突筋をほぐす

kenjo_20141202_02
耳の後ろから鎖骨にかけて、親指と人差し指でもみほぐす。
老廃物が詰まっている部分は硬く張って痛みを感じることもあるので、30秒を目安にじっくりと念入りにほぐして。

▼「肩甲挙筋」「僧帽筋」をほぐすストレッチ法は次ページで!

1 2