ビューティー&ヘルス 抜け毛にむくみ、体力の低下など加齢に伴う体調の変化……健康に美しく年齢を重ねるために今日からできること

今まで使ってきたファンデーションの色が何だか合わないと感じたり、一晩寝ても疲れが取れなかったり。病気ではないけれど、年齢を重ねるにつれて身体の変化を感じている堅実女子も多いのでは?

そんな大人の女性の悩みに答えるため、アンファー株式会社がスカルプD ボーテ主催「女性の#元気貯金セミナー」を開催。当日は、人気スタイリストとして活躍中の大草直子さんと医師でウィメンズヘルスクリニック東京院長の浜中聡子さんによるトークセッションが行なわれました。

加齢でホルモンバランスが乱れるとどんなことが起きる?

「30代後半のある日、鏡に映った自分を見て、それまで普通に着こなせていた服が何となく似合わないなと感じたのです」と大草さん。どうしてだろうと考えたあぐねた結果、思い当たったのが髪の状態の変化。「髪は顔の額縁。髪の状態が外見に与える影響は計り知れないものがある」と、質感やボリュームなど髪のエイジングケアに力を入れ、立て直しを図ったそう。

このような加齢による身体の変化を引き起こす原因のひとつに、ホルモンバランスの乱れがあります。女性ホルモンの分泌量は一生でわずかスプーン約1杯分ほど。人によって差はありますが、20代半ばをピークに、その後の分泌量は低下していくそうです。

ホルモンバランスが乱れると、むくみや毛髪減少、ハリ・ツヤのない顔といった症状をはじめ、ゆらぎ時期の症状の悪化やメタボ、心血管系などの疾患につながることもあるといいます。

トークセッションの様子。 左:大草さん 右:浜中さん

1 2