ビューティー&ヘルス UVケア、ちゃんとしてる?知っているようで知らない紫外線の影響

UVケアはどうするのが効果的?

肌のためには何よりも日焼けしないことが一番です。日焼けをしないためには、UV(紫外線)ケアが大事になります。もっとも身近なUVケアとしては、日焼け止めクリームでしょう。利用シーンなどによって、SPF値やPA値など細かく分けられていますが、大事なのは自分にとって付け心地がいいこと、日焼けしないためには何度も塗りなおすことが一番効果的なので、細かい数値よりもまずは一日に何度塗っても不快感のないものを選びましょう。また、最近は専用クレンジングを使わずにせっけんで落とせるものも出ているので、日焼け止めクリームを落とすときの負担感の少ないものも同時に考慮するといいでしょう。

関連記事:強い日差しに負けない!コスメコンシェルジュが教える正しいUVケア はコチラ

日傘の数値には意外なからくりが?90%ではまだ足りない?

UVケアでは日傘もかなり有効です。ですが、日傘を買うときには注意が必要です。「UVカット傘」「遮光率90%以上」「遮光率99%」「遮光率99.99%」「完全遮光」などの日傘が売られていますが、よく見るのが遮光率90%以上です。一見、ほとんど遮っているから大丈夫と思いがちですが、「遮光率90%以上」「遮光率99%」ではその差は雲泥の差だとか。1%の紫外線でアレルギー症状が出る人がいるぐらい、紫外線のエネルギーは大きいといいます。一番いいのはやっぱり完全遮光です。ですが、完全遮光になると種類も少なく、価格も高めになってくるので、ちょっと悩むところです。妥協点として「遮光率99%」ぐらいは最低限あるものにしましょう。

できるだけ直射日光に当たらないよう、日傘を持ち歩きましょう。

1 2