ビューティー&ヘルス 2015年は免疫力を手に入れる! ぬるめのじっくり入浴で体温&免疫力アップ!!

日々の健康のためにも、手に入れたいのは「免疫力」! ウィルスや細菌、異物などから自分自身の体を守るためにも、高めていきたいもの。
一般的に、免疫力は体温が1度下がると、およそ30%低くなり、逆に1度上がるとおよそ60%高まると言われています。
低体温の人が増えているといわれる今、「冷え」を自覚し、免疫力を高めるため体温を上げるには「お風呂」が効果的! ということで、“お風呂博士”こと、バスクリン社員の石川さんが教える、お風呂による「免疫力アップ」術をご紹介します。

kenjo_20150101_02

免疫力を高めるには、体温を上げよう!

お風呂効果1<水圧効果>

お風呂に浸かると全身に水圧がかかり、呼吸の回数が増えて心肺機能があがります。その結果、血行が促進され体温が上昇=免疫力のアップにもつながることに。

お風呂効果2<温熱効果>

血液は、およそ50秒に1周全身を巡るとされているので、お風呂に20分浸かると少なくとも20回温められた血液が全身を巡ることに。そうすることで、血液が末端まで行き届き、身体全体が温まると同時に免疫力も高まります。

お風呂効果3<リラックス効果>

お風呂は、精神的なストレスや筋緊張をほぐしてくれます。交感神経を鎮め、副交感神経にスイッチすることで皮膚温が上昇。その結果、リラックス効果ももたらし免疫力アップにつながるのです。

さらに嬉しい効果も! 次のページでチェック!!

1 2