ビューティー&ヘルス 植物由来にこだわりたい!最新ナチュラルコスメブランド3つ

この頃は衣食住の分野において、「ナチュラル」を売りにしているブランドやメーカーを多数見かけます。それはコスメの世界も同じ。

堅実女子の皆さんは、ナチュラルコスメと聞いて何を連想しますか?日本にはナチュラルコスメの法的基準は存在しないため、それぞれのメーカーの判断基準にゆだねられますが、概ねナチュラルを打ち出しているところは、無添加だったり、植物など自然由来の美容成分が配合されていることが多いようです。わずかな配合でもナチュラルと表現されている場合もあり、選ぶ側としてはなかなか難しいところ。

今回は、特に植物由来にこだわった、最新ナチュラルコスメブランドを3つご紹介しますね。

1.ストレスとゆらぎを解く「do natural(ドゥーナチュラル)」

「やさしさ=処方のちから」という考えのもと、天然由来成分90%以上で作られ、今年の夏デビューしたばかりのブランドがドゥーナチュラルです。肌も人生も大きく変化することで、ストレスも増えるミレニアル世代に向けて開発されたそう。

興味深いのが、天然成分90%以上というところ。もちろん100%で開発することも可能なのですが、100%にこだわると品質が安定しにくく、肌へのリスクが高くなることもあるから、あえて90%にしているのです。ストレスによって、いつもと違う肌状態のときにも安心して使えるものを目指したための配慮です。

ゆらぐ肌を根本からケアして健やかな肌に導くための処方には、不安定な状態の角質バリアをサポートする米由来グルコシルセラミドを採用。また、保湿して潤いを逃さない希少植物であるスイゼンジノリ多糖体とヒアルロン酸、肌を土台から潤すアシタバエキスが効果的に配合されています。肌に不要なものは徹底的に使わないため、石油系界面活性剤、着色料、パラベン(防腐剤)、合成香料、アルコール、鉱物油、シリコンは不使用です。

処方の力にこだわったドゥーナチュラルは、1800円~2600円(すべて税抜)と、手にとりやすい価格帯もうれしい。

洗顔後のお手入れも、化粧水、美容液、乳液(もしくはクリーム)の3ステップなので、毎日のケアで大変ということもありません。天然精油100%のリラックスハーバルブーケの香りは、ストレスの抑制効果があるそうです。毎日のことなので、お肌のコンディションを守るのはもちろんですが、香りで心地よくなれることも大切ですね。しっとりタイプとよりしっとりタイプの2タイプで、自分のお肌の状態に合わせて選べます。パッケージには、バイオマスプラスチックや再生プラスチックが採用され、環境への負担をできるだけ軽減する配慮も。地球にも、私たちの肌にもやさしいスキンケアです。

do natural https://www.donatural.jp/

1 2