ビューティー&ヘルス 「半身浴と全身浴、どちらが汗をかく?」冷え性女子は必見!意外と知られない正しい入浴法

冷え性は日本人特有?欧米人には冷え性の概念がなかった!

そのほかのチェックシートの項目はすべて「×」でしたが、その中でも正解率が低かったのは「4、冷え性の人はお風呂上がりに靴下を履くと良く眠れる」(× 正解率55.3%)、「8、入浴後、冷えないうちにすぐに布団に入ると良く眠れる」(×正解率55.0%)といった睡眠関係。早川先生によると、人間には手足からの熱の放散があると眠くなる仕組みがあるそう。つまり靴下を履いて寝ると手足から熱が逃げず、結果としてよく眠れないそうです。また体温が下がらないと眠くならないことも判明しており、布団に入るのは入浴後90分が理想。湯船につかることは安眠にもつながりますが、入浴後の入眠タイミングは知っておいた方がよさそうです。

ほかにも「9、湯船につかる習慣がある日本人より、湯船につかる習慣がない欧米人のほうが 冷え性に悩む人が多い」は不正解でしたが、早川先生によると「冷え性自体が日本人特有の症状であり、欧米人にはない疾患概念」なのだそう。なんと、欧米人に冷え性は存在しないそうです。

また冷え性の人とそうではない人、両方で冬の時期にお風呂に入る(湯船につかる)こと多いと答えた人は67.7%。それが冷え性の人限定となると71.2%で、そうでない人は63.1%となっています。微増微減ではありますが、全体的にそれほど大きく変化はない印象です。

日本の中でも冬でも温暖な沖縄は、湯船につかる習慣があまりないようです。

その一方で、冷え性でも「どちらかというとシャワーで済ますことが多い」「シャワーで済ますことが多い」と答えた人は28.7%。約3割の人がシャワー派であることも判明しています。シャワー派で冷え性に悩んでいる人は、それが悪化の可能性があるかもしれません。冷え性に悩む人は正しい入浴法で、しっかり体を温めてみてくださいね。

 

【調査概要】
調査主体:リンナイ株式会社
調査時期: 2019年10月5日~10月6日
調査方法: インターネット調査
調査対象: 20~60代 男女 計1,000人
調査エリア: 全国47都道府県

1 2