ビューティー&ヘルス 重力には逆らえない……美しいバストラインをキープする、簡単にできる対策とは?

顔やバスト、ヒップなど、年齢を重ねるにつれて、からだのあちらこちらが下がってきたなと実感しているアラサー堅実女子も結構多いのでは?体重自体は20代前半の頃とそれほど変わらないのに、と気にしている人もいるでしょう。

「自分だけ?」「もう諦めるしかないの?」と思っている人のために、今回は株式会社ワコールが実施した「からだのシルエット」に関する意識調査の結果をご紹介します。

全員が20代前半と比べて変化を感じている

まず、アラサー女性たちに「20代前半の頃と比べて、からだのシルエットに変化を感じるか」を聞いたところ、回答者の59%が「とても感じる」、41%が「やや感じる」と答え、全員が変化を感じていることがわかりました。また、半数以上(54%)の人は「体重は大きく変わらないが、からだのシルエットは変化した」と回答しており、体重の増減に関係なく体型の変化はあるよう。年齢を重ねる際には誰もが通る道なのかもしれません。

程度の差こそあれ、年齢によるからだの変化は感じるもの。(ワコール調べ)

からだの中でも、「バストのシルエットやラインに変化を感じたことはあるか」の質問に対しては、73%の人が「ある」と回答。次のようなシーンで変化を感じるようです。

「浴室で鏡を見たときに垂れたと感じる(20代後半)」

「タイトな服を着たときにバストの位置が下がったように感じる(30代前半)」

「胸の開いている服を着ると、胸の上が痩せこけて見栄えが悪い(30代半ば)」

「仰向けに寝たときに重力に負けているのを感じる(30代前半)」

日常の様々なシーンで感じる、バストのシルエットやラインの変化。98%の回答者が「バストをきれいに保ちたい」と答えていることからもわかるように、美しいバストは女性にとって永遠のテーマであることがわかりますね。

しかしながら、6割以上の人は「対策をしたいが、できていない」と回答。それでは、手軽にできる対策についてご紹介しましょう。

1 2