ビューティー&ヘルス 肌の仕上がりは化粧下地で決まる!垢抜け顔になれるプロのテクニックを紹介

プロ直伝の化粧下地の使い方

へアイメイクのプロ、長井かおり氏が垢抜け顔をかなえる化粧下地テクニックを直伝。

『粉塾』では、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおり氏が登場。「スキンイリュージョンプライマーUV」の使い方を説明してくれました。

1. 肌がしっとりした状態でつける

この化粧下地はスキンケア後のしっとりした状態の肌につけるのがおすすめ。中には、スキンケアアイテムが浸透し、肌がベタつかなくなるのを待って塗っている人もいるかもしれませんが、この化粧下地はそのような時間は不要だそう。

2. ナルトのように大胆に

直径約1cmをとり、額、両頬、鼻筋、あごにおきます。そして指の第二関節ぐらいまでを使って、ナルトを描くように大胆に塗りましょう。ちょっとずつ点で埋めるような塗り方では肌にタッチする回数が増えてしまうので、その分肌に負担になってしまいます。

指の腹を使って、しっかりと顔全体になじませましょう。

3. 頬にイナズマ

肌全体に化粧下地を塗ったら、頬に改めてイナズマ(”Z”のような形)を描くように塗ります。

4. 細かい部分は、ていねいに

小鼻、目の周りなどの細かい部分は、ていねいにしっかり密着させます。

かなりしっかりと化粧下地を塗ったので、気になっていた毛穴やくすみ、目の下のクマもカバーできました。でも化粧下地に使われている粉子自体が細かいので厚塗り感はなく、「外サラ内しっとり」の自然な仕上がりに大満足。肌にフィットしているので、上からパウダーファンデーション(同日発売予定のネオコートファンデーション)を塗っても粉が落ちてこないのが印象的でした。

暖かくなるにつれて、毛穴や化粧崩れが気になり始める季節。トラブル知らずの明るい肌になりたいという人は、まずは化粧下地からベースメイクを見直してみてはいかがでしょうか。春に向けてこれからさまざまな新商品が出てくるので、実際に試したり、アドバイザーに相談したりしながら、自分に合ったアイテムを探してみてくださいね。

1 2