ビューティー&ヘルス 紫外線に乾燥…8割の女性が気になる春先の肌トラブル。解決するのは「食べる」ケア!

最近、肌の調子が不安定に感じることはありませんか? 実は、春先は一年のうちでもっとも肌のトラブルが起こりやすい季節。気候の急激な変化に対応しようと、肌がゆらいでしまうんです。トレンド総研が30~59歳の女性600人を対象に行った調査からは、女性の春先の肌トラブルの悩みや、インナーケアへの取り組みの実態がわかりました!

8割が季節の変わり目に肌の調子の悪さを自覚

季節の変わり目の肌の調子について聞くと、8割の人が「季節の変わり目に肌の調子が悪くなる」と回答。とくに春先は、「紫外線」(63%)、「空気の乾燥」(51%)、「花粉」(42%)、「寒暖差」(34%)……といった肌への影響が気になる人が多いようです。

必要と感じていてもインナーケアを「できていない」女性が多数

web0328b そこで、普段のスキンケアとして取り入れている方法や、ケアへの意識についてを質問。スキンケアでは、「化粧水や乳液など、基礎化粧品をつける」(64%)、「紫外線対策をおこなう」(42%)、「保湿効果の高い基礎化粧品を使う」(37%)など、外側からのケア=アウターケアが上位に並びます。一方、健康食品やサプリ、肌によい食べ物や飲み物を摂取するといった、内側からのケア=インナーケアを実践している人はやや少ない結果に。

なんと、インナーケアが十分にできていると感じている人はわずか5%! しかし、「肌・美容のためにインナーケアは必要だと思いますか?」という問いについては、95%が「思う」と回答。また、インナーケアはアウターケアと比べて、「健康に良さそう」(「肌以外にもよい効果が見込めそう」という声が多く、内側からのケアの必要性と重要性に気付きながらも、大多数は取り入れられていない実態が明らかになりました。

▼注目のインナーケア、その継続のカギとは!?

1 2