ビューティー&ヘルス 4月は新生活が始まる季節! 環境変化で9割以上が肩こり・腰痛を感じている!?

もうすぐ4月。新生活が始まる季節です。この時期、環境やライフスタイルが変化する人も多いと思いますが、武蔵境整体院 BodyFlowが実施したアンケート調査によると、環境変化により肩こり・腰痛がひどくなったことがある人は91%と大多数であることがわかりました。

環境変化で肩こり・腰痛がひどくなった経験はありますか?

環境変化で肩こり・腰痛がひどくなった経験はありますか?

環境変化による肩こり・腰痛、自分が思う原因は?

そこで、環境変化で肩こり・腰痛がひどくなった経験があると回答した人に、なぜそう思うのか原因を聞いたところ、以下のような結果に。

1位:残業など肉体的疲労(30%)
2位:人間関係など心理的ストレス(28%)
3位:運動不足になった(24%)
4位:その他(11%)
5位:睡眠不足になった(6%)
6位:食生活が不規則になった(1%)

自分自身が感じる原因としては、肉体的疲労を挙げる人が最も多く、次いで心理的ストレスが多くなりました。さまざまな場面で“疲れ”を感じたときに肩こりや腰痛が気になってくるんですね。

環境変化に伴い、肉体的疲労や心理的ストレスが増加する傾向にあるようです。

環境変化に伴い、肉体的疲労や心理的ストレスが増加する傾向にあるようです。

全体の30%を占めた「残業など肉体的疲労」については、デスクワーク、立ち仕事、育児による肉体的疲労を原因として挙げる人が目立ちました。

続いて多かった「人間関係など心理的ストレス」では、職場やママ友など近しい人との関係でストレスが溜まって……という声が多数。イライラや不満を発散できる場所がないと、身体の不調となってあらわれてしまうようです。

3位は「運動不足」。環境変化に伴い、クルマ移動が増えたり、ジムに行かなくなったなどありそうですが、新型コロナウイルスが猛威を振るっている今、運動不足によって肩こりや腰痛を感じる人が増加するかもしれません。

環境変化による肩こり腰痛の原因として「その他」を選択したのは、全体の11%でしたが、その中身はというと「資格試験の勉強」、「毎日の雪かき」、「夫婦喧嘩が増えた」といった回答でした。そのほとんどは「肉体的疲労」「心理的ストレス」に分類できるものであることがわかりました。続いて、具体的なエピソードをお届けします。

1 2