ビューティー&ヘルス いいの?どうなの?「月経カップ」について、婦人科医師に聞いてみた

プールも、温泉も!安心感が違う

——生理用ナプキンやタンポンと比べて、月経カップのすぐれている点について教えてください。

「月経カップの特徴として、血液が体の外に出ないので、水中で活動するときに便利さを実感できると思います。たとえば水泳するとき。温泉にいくとき。これまでは生理中はためらう人が多かったと思います。またタンポンの場合、経血がもれるかもしれないという心配から薄いナプキンをつけて使用している人も多い。その点、月経カップはもれる心配がありませんから、本当にこれだけでいいわけです」

スポーツジムのプールに入れる、お風呂にも入れる、ふだん通りにできるということですね。これはうれしい! 

「また、職種によってはなかなかトイレに行く時間が取れないとか、いつ行けるかわからないという方にもおすすめです。月経カップは経血量が少なめなら1日1回の取り換えで済みます。もちろんカップのサイズ、経血量の多い、少ないの個人差によって変わってきます」

上の調査では、「生理用ナプキンの交換」について「困ったことがある」と回答した人は66%。どちらでもないを含めると8割近いです。

ナプキンから経血がはみ出た経験、多くの女性がしていると思います。

ニオイがもれない!かぶれやすい人にもおすすめ

——多めの人、あるいは2日目とか多い日は……?

「日中に1回はカップの付け替えが必要になるでしょう。一度カップを膣から出して、中の経血を捨てて、カップを洗って、また入れるという作業になります。その際、どうしても経血が自分の手に付きます。洗面台が個室内にあるならいいのですが、そうでなければちょっと不便かもしれませんね。薄い手袋や、手をアルコール消毒できるウエットティッシュなどを持ち歩いたがほうがいいでしょう。あるいは、予備のカップを携帯し、使用したカップをしまう袋を持ち歩くなどするといいでしょう」

月経カップの大きな特長は、生理中の気になるニオイが抑えられることなのだそう。

「生理中のニオイというのは、経血それ自体のものではないんです。経血が空気にふれて、いろいろな菌が繁殖することで発生します。月経カップを使うと、膣の中は無酸素状態ですから経血は空気にふれることはなく、ニオイも出ません

雑菌が繁殖しないということで、さらにもうひとつ期待できることがあります。かぶれやすさの軽減です。

「ナプキンの場合、経血を含むことで菌が繁殖し、それがかぶれる一因になります。月経カップの場合は経血からの雑菌が発生しませんから、その分、インナー内の雑菌も減ります。ナプキンはどうしてもムレやすいですよね。あたたかく、湿度も高く、栄養(経血)もあるとなれば、バイ菌の繁殖にはもってこいの環境といえるでしょう」

かぶれやすい人は、ナプキンの素材に注意したり、交換頻度を高めたりと工夫をされてきたと思いますが、月経カップはその点もすぐれているようです。

生理について、困っていることありませんか?

※本文に記載の医師の見解は全ての方の症状に該当するものではないため、ご自身の症状にあわせて受診されることをおすすめします。

取材・文/佐藤恵菜

1 2