ビューティー&ヘルス 生理痛の痛み止めはいつ飲めばいいの?婦人科医師に聞いてみた

あなたは生理のたびにちょっとユーウツな気分になったり、仕事のパフォーマンスが落ちたりすることがありませんか?生理痛をがまんすることはありませんか?生理痛をこれくらいは当たり前、と思っていませんか? 

生理痛を市販の痛み止めでしのいでいる女性は少なくありません。飲み過ぎてないか、ちょっと不安ですよね。今回は、生理痛を市販の痛み止めの知識と正しい飲み方を婦人科・清水なほみ先生にうかがいました。

清水なほみ先生。

PROFILE:清水なほみ 「ポートサイド女性総合クリニック ビバリータ」(神奈川県横浜市)院長。2001年、広島大学医学部卒業。日本産婦人科学会専門医。日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー。女性の心と身体の健康に関して多方面に情報発信中。近著に『なぜ口グセを変えるだけでプチ不調が消えるのか!?』(麻布書院)。

「痛み止めは痛みはじめに飲む」のが正しい

ドラッグストアにはたくさんの痛み止めが並んでいます。「頭痛・生理痛」ほか、「生理痛専用」と銘打たれた製品もあります。これらは基本的に「解熱鎮痛剤」というものです。代表的な薬効成分はロキソプロフェン、イブプロフェン、アセトアミノフェンなどです。特にロキソプロフェン、イブプロフェンは効き目が強く、頭痛、生理痛のほか、関節の痛みなどにも用いられます。

生理痛がひどくて、この痛み止めが手放せない女性がいます。清水先生に鎮痛剤との正しいつきあい方をうかがいました。

痛みが我慢できなくなってから痛み止めを飲む人が多いようですが、痛み止めは痛くなってから飲んだのでは効果があまり期待できません

—–え!? 「痛み止めは痛くなってから飲む」ものではないのですか?

「そこを少々、誤解されている方が少なくないですね。では、生理痛が起こる仕組みから説明します。

子宮の内膜が厚くなって剥がれて出血する、これが生理ですね。そしてこの子宮内膜が剥がれるときに、プロスタグランジンという痛み伝達物質が分泌されます。この痛み伝達物質のせいで、生理痛が発生するのです。生理痛に限らず、頭痛、腹痛、関節痛、痛みを感じる原因は、この物質がたくさん出るためです。

一方、痛み止めはどう効くのかというと、痛み伝達の張本人プロスタグランジンを直接やっつけるわけではありません。プロスタグランジンの形成過程に作用して、できないようにするのです。ですから、プロスタグランジンができあがったあとに痛み止めを飲んでもあまり効果が期待できないのです」

—–どのタイミングで痛み止めを飲めばいいのでしょうか?

「痛み始めたときです。つまり、子宮内膜が剥がれて出血する直前に飲めば、痛み伝達物質が放出されるのを抑えることができるわけです。

ただ現実的には、痛くなる前に飲むというのはむずかしいと思いますので、痛みが来たな、痛くなりそう、と思ったタイミングで飲むのが効果的です

1 2