ビューティー&ヘルス あなたのスキンケア、やりすぎてない?おうち時間が多い今こそ、ダメ肌習慣を見直そう!

新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、おうち時間が増えたという人が多いはず。こんな時こそ見直したいのが、自宅でのスキンケア。紫外線量が増え、肌への負担が増える今の時期だからこそ、正しい美肌習慣を身につけたいですよね。

そこで今回は、聖心美容クリニックが全国の20代~40代女性2,820名を対象に行ったアンケート調査を元に、みんなの美肌意識を発表。意外とやっている人が多かったダメ肌習慣も明らかに!まずは美肌理解度チェックをしてから、みんなの結果と美肌習慣について見直してみましょう。

■全国美肌理解度チェックシート■
当てはまるスキンケア習慣をチェックしましょう!

□ 1・お部屋にいる時は日焼け止めを塗らない
□ 2・日焼け止めは1日1回しか塗らない
□ 3・日焼け止め以外は紫外線対策をしていない
□ 4・メイクをしたまま寝てしまうことがある
□ 5・メイクしていない日もメイク落としで洗顔をする
□ 6・化粧水はコットンで入念に擦りこむ
□ 7・メイクはゴシゴシしっかり落とす

チェックが付いた項目は、実はダメな肌習慣。以下でみんなのアンケート調査の結果とともに、詳しくそのダメ習慣についてチェックしてみましょう。

1・日焼け止めは季節、外出関係なく毎日塗ること

紫外線は窓やカーテンをすり抜けているので、季節や外出関係なく、毎日塗ることが大切です。ちなみにアンケート調査によると、日焼け止めを「季節関係なく毎日塗っている」と答えた人は18.3%。頻度は問わず、季節関係なく日焼け止めを塗っている人は約4割でした。一方、「全く塗っていない」「日焼けしたいので意識的に塗っていない」と答えた人の合計は17.1%。日焼け止めを1年中きちんと塗れている人は、意外と少ないですね。

全く塗らない人も存在していて、驚きます。

2・日焼け止めは2~3時間おきの塗り直しを

日焼け止めは、汗や時間と共に効果が薄れていきます。汗や肌の状態を見て、小まめに塗りなおすことが大切。できれば2~3時間おきの塗り直しがベストでしょう。日焼け止めを塗る人を対象に調査をしたところ、日焼け止めの塗り直し回数は53%の人が「0回」と回答。塗り直し回数の全国平均は0.77回でした。やはり、きちんと2~3時間おきに塗り直しできている人は少ないようです。

3・日傘や帽子…日焼け止め以外の紫外線対策で効果がアップ

光老化は、日焼け止め+αの併用をする対策がおすすめ。日傘や帽子などを活用し、なるべく紫外線を直接浴びない工夫をしましょう。最近では、飲む日焼け止めサプリなども出ています。自分のライフスタイルに合わせて紫外線対策の併用をしてみるといいでしょう。ちなみに調査を見てみると、日焼け止め以外の紫外線対策を行っている人は全体の72.8%、平均1.9個を実施し、その対策として一番多かったのは「日傘をさす」(45.5%)でした。

日傘は昨今の「ソーシャル・ディスタンス」をとる際にも使えるとの声も。

 4・メイクは必ず落としてから寝る

メイクに含まれる油分が酸化したり、毛穴に化粧の汚れがつまると、お肌の炎症や老化、色素沈着などのトラブルを起こす原因になります。そのため、どんなに疲れていても、メイクは必ず落としてから寝ることが重要なのです。実は寝る前にメイク落としをしているかの調査では、「絶対にメイク落としを忘れない」と回答した人が77%とかなり多いことが判明。多くの人が、きちんとメイク落としをして就寝する習慣があることがわかりました。

では、みんながやってしまっているダメ習慣とはどんなことなのでしょう。実は3人に1人が、「肌のためにやっているつもりのダメ習慣」があることがわかったのです。

1 2