ビューティー&ヘルス 「コロナ太り」解消のために、おうちでできること5つ

4.掃除ダイエット

家のなかで体を動かすには、ある程度の広さが必要ですよね。そのスペースを確保するために部屋を片付けるのも、エネルギー消費に役立ちます。

普段はなるべくなら手抜きしたいと思っている掃除も、今はとにかく時間があるのですから、徹底的にやるチャンス。

床の拭き掃除や風呂掃除はしっかり腰を落として、体幹を鍛えるつもりで。
特におすすめは雑巾がけです。掃除ロボットや床拭きワイパーよりも格段にキレイになるので、達成感も味わえますよ!

体幹が鍛えられるこうした掃除方法は、基礎代謝が上がり、姿勢がよくなり、さらに骨盤の傾きが取れるため、痩せやすい体になると言われています。

5.今こそ糖質オフダイエット

家に引きこもっていても太らないためには、食事に気をつけることも重要。
「コロナ騒ぎが終息した暁には○キロ増」なんてことのないように、今こそ太らない食べ方、糖質オフダイエットについて知っておきましょう。

糖質オフというと、ご飯が食べられないというマイナスのイメージが強いかもしれませんが、実は「肉、魚、卵、大豆製品などのたんぱく質や野菜をしっかり食べる」ことが大事。
つまり、ご飯の量を減らす分、しっかりとおかずを食べればいいのです。

ご飯大好き、おかずと交互に食べたい! という人は、いきなり量を減らすのではなく、まず食べる順番を気にしてみてください。
汁物、野菜などをスターターに、肉、魚のおかずを食べ、ご飯に手をつけるのは最後にします。慣れないとツラいかもしれませんが、慣れるとあら不思議! 自然と食べられるご飯の量が少なくなります。これは、汁物やおかずから食べ始めることで、ご飯にたどりつく頃には空腹ではなくなっているから。

ご飯の量が減ってから、さらにご飯茶碗のサイズダウンをはかるなど、トライしてみてください。

☆☆☆

いつまで続くのか、まだ先の見えないコロナ禍ですが、今だけガマンしてダイエットをするのではなく、続けられる無理のないダイエットが、コロナ太りを回避する近道と言えそうです。 

【参考】LEAN BODY、『いちばんよくわかる! 糖質オフ大全科』https://shufunotomo.co.jp/sales/130/

取材・文/冬木丹花

1 2