ビューティー&ヘルス 乾燥肌・脂性肌・混合肌……ヘアメイクさんにとって最も大敵な肌タイプが判明!

脂性肌や混合肌より、乾燥肌が圧倒的に厄介だった!

なぜ乾燥はメイク崩れの原因となるのでしょうか?そこで同調査では乾燥肌のほか、脂性肌、混合肌、普通肌の4タイプの中で、メイクのノリや発色、そしてメイク直しについてアンケート。こちらの調査結果を見てみましょう。

 

  • メイクのノリが悪いのはどんな肌ですか?

乾燥肌……100%

脂性肌……42%

混同肌……30%

普通肌……0%

 

  • メイクの発色が悪い肌はどんな肌ですか?

乾燥肌……76%

脂性肌……42%

混合肌……28%

普通肌……2%

 

  • メイク直しでもキレイに直りにくい肌はどんな肌ですか?

乾燥肌……72%

脂性肌……46%

混合肌……28%

普通肌……0%

 

まずメイクのノリが悪い肌を調査したところ、なんと乾燥肌が100%該当!そのほか顔色、メイク直しでキレイに直しにくいという3部門で乾燥肌がワースト1位にランクインしてしまったのです。つまり乾燥肌はメイクが崩れる以前に、キレイにメイクをするのがもっとも難しい肌質といえます。肌へのノリが悪くなってしまうからこそ崩れるのも早くなり、そしてお直しも困難に。肌の乾燥はまさにメイクの失敗スパイラルにつながってしまうのです。

とはいえ冬に比べると今の時期、乾燥の心配はそれほどないかもしれません。しかし盲点となるのが室内のエアコンで、長時間室内にいると想像以上に空気が乾燥してしまいます。つまりこの先不要不急の外出を控えるなら、いつも以上に乾燥のリスクも十分に考慮する必要があるのです。初夏の巣ごもりに重要なのは保湿!これを忘れずに心がけましょう。

 

【調査概要】
調査主体:株式会社マンダム
調査手法:インターネットリサーチ
調査期間:2020年3月
調査対象:ヘアメイク50名

1 2