ビューティー&ヘルス マスクつけている時のメイク事情……変わらずフルメイクをしている人はどのくらい?

新型コロナウイルスの影響により、外出時にマスクの着用が欠かせなくなっています。マスクをすると顔半分が隠れる状態になりますが、そんな時に悩ましいのが、マスク着用時メイク問題。堅実女子の皆さんは現状、メイクをどこまでしていますか?

一番多いのは「口紅はつけない」メイク

株式会社ナリス化粧品が20~59歳の女性を対象に行なったアンケートによりますと、マスク着用時に「マスクをしていない時と同じメイクをしている」と回答した人は29.0%だそう。では残りの約7割は、どんなメイクをしているのでしょうか?結果は以下の通りとなりました。

 

  • マスクをしている時のメイク

口紅はつけない……35.8%

マスクをしていない時と同じメイクをしている……29.0%

チークはつけない……22.4%

ファンデーションなどのベースメイクはしない……21.2%

普段からメイクをしていない……17.7%

日焼け止めはつけない……7.3%

マスクをしていない時より眉や目元のメイクをしっかり……4.5%

 

一番多かったのは「口紅はつけない」(35.8%)という意見。ほか、「チークはつけない」(22.4%)の意見も多くなっていますが、この2つに共通しているのはつけてもマスク装着時に隠れてしまい、さらに色味が強いこと。色味が強いとマスクに付着してしまい、洗えるマスクを使っている人は洗濯も大変になります。

また同調査では、上記の調査データを年代ごとにも集計。結果を見ると、年代ごとのある傾向も見えてきました。

20代はマスクメイク対応も柔軟なようです。

「マスクをしていない時と同じメイクをしている」と回答している割合が少ないのは、「20~24歳」(24.3%)と「25歳~29歳」(21.2%)の若い世代。「口紅をつけない」と答えた割合が圧倒的に多かったのも「20歳~24歳」(44.1%)となっています。マスク着用時にあわせて臨機応変にメイクを変える女性は、若い世代に多いようです。

1 2