ビューティー&ヘルス 運動不足や精神的ストレス……外出自粛生活で増加する睡眠問題を解決するためには?

睡眠改善を目指すなら、マットレスの見直しが必要かも

夜の時間の過ごし方や早寝早起き習慣など、睡眠を整えるためにできそうなことはたくさんあります。その中でも前述の坪田先生が指摘するのが、マットレスの見直し。体に合わないマットレスを使うことは、良質な睡眠の妨害につながるそうです。

今使っているマットレスに、次のような点がないか、チェックしてみましょう。

・仰向けで体に痛いところがある、こわばるところがある。

・呼吸がスムーズにしづらい。

・横向きでは、顔の中心線と胸〜腹の中心線、両脚の間の線が一直線に床と水平になっておらず、どこか浮いてしまっている。

・上半身と下半身が一体となったスムーズな寝がえりがうてない。

上記にチェックが入る場合は、マットレスの見直しが必要だと坪田先生は言います。

また、マットレスのメンテナンスが悪いと、カビやダニが増殖し、ぜんそくやアレルギーの原因になるとのこと。

この記事を読んでドキッとした方も少なくないのでは?良質な睡眠がとれないと、様々なシーンで力を思うように発揮できませんよね。心身の健康を目指すためにも、睡眠環境の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

在宅勤務だと、どうしても生活リズムが乱れてしまいがち。睡眠にも影響が……。

※ZINUS PR事務局による発表内容をもとにした記事です。

1 2