ビューティー&ヘルス 水圧で新コロウイルスを飛ばしていない?正しい手の洗い方

Suits WOMANの妊活診断連載でおなじみの笛吹和代さんは臨床検査技師で、以前はメーカーで製造現場等の衛生管理も担当されていました。前回は笛吹さんから「次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸塩の違い」(記事はコチラ)をレクチャーいただきましたが、今回は家庭での正しい手の洗い方を教えていただきましょう。

妊活診断でおなじみ、認定不妊カウンセラーの笛吹和代さん。臨床検査技師でもあります。

シャワー蛇口で手の汚れを飛ばさないで!

感染予防にもっとも重要なのが手洗いです。外出から帰ったら、洗面所へ直行して手洗いしましょう。ところでみなさんは手洗いするとき、どれぐらい水を出していますか?ジャーッとものすごい水圧で流していませんか?実はこれ、NGです!

水圧で水しぶきと共に汚れ(ウイルス)が周りに飛び散ってしまうからです。公共施設のトイレでは手の乾燥機が早々に封じられましたが、あれも風圧でウイルスが周囲にまき散らされるリスクがあるからでした。ノロウイルスの流行時期になると飲食店等のお手洗いでは蓋をしてから流してくださいと書かれているところもありますが、それらも同じ理由からです。手洗い時の水しぶきも同じです。シャワー蛇口になるご家庭もあると思いますが、シャワーにするとやはりウイルスが飛び散りやすいです。水道を出し過ぎず、石けんで手をよく洗ったら、静かに洗い流すのがいいでしょう

ネイルのデコボコ、指輪と指のスキ間にもウイルスが

基本的なことですが、あらためて正しい手の洗い方をしているかどうか確認してみましょう。手洗いのポイントは?

「細かな手洗いの手順は厚生労働省などのHPに図で解説しているものがあると思いますので、一度チェックしてみてください。爪の先や親指の周辺、手首など、意外と洗い残しのある箇所があります。洗面所など手洗いをする場所にプリントアウトして貼っておくと、より意識して手洗いができるかもしれません。

また、洗い残しを考えると、爪は長いより短い方が良いです。ネイルもあまり複雑なネイルは隙間に汚れが溜まりやすいので、今の時期はあまりおすすめできません。指輪なども外せる方は外して洗いましょう。指輪と指の隙間も盲点で、けっこう汚れが溜まってしまいます。

私は新型コロナウイルスの流行が取り沙汰されて以来、指輪はしまわれたままです。できるだけ装飾品を減らして、手洗いがしやすい状況にしています」

1 2

Ranking

Information