ビューティー&ヘルス 日焼け止めの紫外線吸収剤と紫外線散乱剤は、どちらが安全なの?

紫外線が強烈な季節がやってきました。ところで日焼け止め、みなさんは何を使っていますか? クリーム、ジェル、ローションタイプと形状はいろいろ。紫外線吸収剤や紫外線散乱剤の成分についても気になりますね。

Suits womanの妊活診断でおなじみの笛吹和代さんは臨床検査技師でもあり、以前はメーカーで製造現場等の衛生管理や製品の開発も担当されていました。日焼け止めについて、メーカーのHPを見てもわからない、ホントのところを教えてもらいました! 前回はこちら

Suits woman「妊活診断」の賢人・笛吹和代さんは、臨床検査技師でもありコスメ製品にも詳しい。

紫外線防止の主成分を知っていますか?

日焼け止めの主成分は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤ですが、どんな成分なのかご存知ですか?みなさんがお持ちの日焼け止めにも、下記のうちいずれかが必ず入っています。成分表示が小さくて見えない……かもしれませんが。

はじめにこれらの成分をおさらいしておきましょう。

紫外線吸収剤:紫外線を吸収して、化学的に熱エネルギーに変換して外に放出して、紫外線の肌への影響を減らす。成分名としては、
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・メトキシケイヒ酸オクチル
・パラメトキシ桂皮酸エチルヘキシル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン
・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・オクチルトリアゾン
・オクトクリレン  など

紫外線散乱剤:肌表面で紫外線を反射させて、紫外線の肌への影響を減らす。成分名としては、
・酸化チタン
・酸化亜鉛 など

……お肌ケアの観点では、どちらがベターといえますか?

「一般的には、紫外線吸収剤よりも紫外線散乱剤のほうが肌への負担は少ないといわれています。最近は吸収剤フリーの日焼け止めも増えていますね。

とはいえ、酸化チタンや酸化亜鉛が肌の負担になる人もいます。紫外線吸収剤なら大丈夫というわけでもありません。使う時は、最初に手の内側に少し日焼け止めをつけて、肌に痒みや赤みや湿疹などの異常がないことを確認してから使用するようにしてください」(笛吹さん)

1 2 3

Ranking

Information