ビューティー&ヘルス マスク荒れで赤みやかゆみが出たら、何を塗ればいいですか?皮膚科医に聞いてみた

今年の夏はマスクをつけなければならない状況が増えます。顔がムレるせいか、赤くなった、かゆみが出た、ブツブツができたという声もよく聞かれます。マスクによる影響なのでしょうか。どのように対処すればいいのでしょうか?予防するには?柴崎皮膚科医院院長の柴崎淳夫先生に聞きました。「この夏のマスク荒れ、どうしたらいいですか?」はこちら

柴崎淳夫 先生。

PROFILE:柴崎淳夫……柴崎皮膚科医院(埼玉県入間郡毛呂山町)院長。毎日100人を超える患者を診る。『患者が決めた いい病院ランキング』(オリコンメディカル)で皮膚科部門1位。著書に『アトピー性皮膚炎の治療は難しくない 読むセカンド・オピニオン』(法研)。

赤みやかゆみが出たら「自力で何とかする」はNG

——赤みやかゆみ、プツプツが出てきたら、できるだけ早く皮膚科医に見てもらうのがいいとはわかっているのですが、時間がなかったり、都合が悪かったりすることもあります。 どうしても時間が取れずに皮膚科に行けない場合、「とりあえず、うちにあったかゆみ止めや尿素入りクリームなどを塗って様子を見る」というのはダメでしょうか?

「それは避けたほうがいいですね。症状の程度によりますが、それが本当にマスクによる炎症なのか、別の原因なのか、一般の人にはわからないわけです。何だかわからないのに薬を使うというのは危険です。

たとえば、炎症だけでなくニキビが混ざっているところに、ステロイド入りの市販薬を使ったりすると悪化するおそれがあります。しかし、そこにニキビが混ざっているかどうか、パッと見にはわからないでしょう。ですから、素人判断をせず、医者に診てもらうのが理想的ですね。

 “こんな軽い症状で皮膚科に行っていいのかな?大げさじゃない?”と思われる方が結構いらっしゃるのですが、皮膚科を受診するのに遠慮は要りません。どんなちょっとした症状でも診てもらっていいんですよ。それが皮膚科医の仕事ですから」

1 2 3