ビューティー&ヘルス おうちヨガをするあなたへ。ヨガを自己流でやるときに気をつけるべきこと

場所を選ばず、おうちでもできる女性に人気のヨガ。いまではヨガスタジオだけでなく動画やアプリでも気軽にできますよね。筆者もステイホーム期間中、目に余る運動不足だったので動画を見がならヨガを実践しました。でも3日後……イタタタ、腰が痛い!運動不足解消どころか逆効果という結果に。

「ヨガはスローなのでケガしないと思われがちなんですが、そうではないんです」。そう語るのは、解剖学に基づくヨガを教えているヨガインストラクターの金原麗子(キンバラレイコ)さん。自己流でヨガをやるときに気をつけるべきことを教えてもらいました。

ヨガは「ポーズを完成させること」が目的ではない

ヨガを自己流でやるときに陥りやすいのが、先生のポーズを完全コピーしようと張り切ること。でもヨガはほかの人と比べるのではなく、自分のそのときの体の状態に合わせるのが基本。そしてポーズの目的を理解し、無理なく行なうのが重要です。

例えば体を三角形に作る「ダウンドッグ」は”背中をのばすこと”を一番に考えるポーズ。インストラクターが背中も足もピンとのばしていても、その完成形を初心者がいきなり目指す必要はありません。背中をのばしていれば、実は足は曲げてもOK。これは「軽減法」といい、背中をのばすという目的を果たしているので、効き目もしっかり感じられます。

初心者がヨガ動画を見ながらヨガを行うときは、この「軽減法」を伝えているインストラクターの動画を選ぶのがおすすめです。

正しい軽減法を伝えてくれるインストラクターを選ぶのが大事。

いきなり「ポーズ」は絶対ダメ!呼吸&ストレッチからスタート

ヨガ動画でよくあるのが、「5分でできるヨガ」など短い時間でできるもの。忙しいときに気軽にできる動画はとても便利ですが、いきなりポーズをとるのは絶対NG。ヨガは呼吸を整える→徐々に身体を動かす→大きく身体を動かす→クールダウンといった「流れ」が大事なんです。やってみたい動画がいきなりポーズから入るものであれば、その前に自分で呼吸&ストレッチを事前に行なえばOKです。

また、ヨガをはじめとしてすべての運動は「呼吸」が重要。ポーズに集中してしまうと呼吸が止まってしまいがちですが、インストラクターの声に耳を傾けながら「呼吸と動作を連動させること」を意識していきましょう。

1 2