ビューティー&ヘルス おうち時間が増え生活環境にも変化が……スキンケアやメイク、どう変わった?

テレワーク勤務により家で過ごす時間が増えたり、外出時のマスク着用が必須になったりと、私たちの生活環境が大きく変わりました。自然派化粧品ブランド「草花木果」の調査によると、毎日行うスキンケアやメイクアップアイテムの使用頻度についても変化が起きているようです。

ノーメイクや薄化粧の日が増えたかも!?

同調査では、「新しい生活様式を取り入れて起こったライフスタイルの変化」について3,786名にアンケートを実施。まずは、おうち時間が増えたことにより、スキンケアの使用頻度に変化があったかを聞きました。

おうち時間が増えて、スキンケアアイテムの使用頻度は変わった?

おうち時間が増えたことにより、スキンケア習慣に変化が。

使用が増えたのは……ハンドクリーム
外出先から屋内へ入る際には、石けんを使った手洗いはマスト事項となりました。加えて頻繁なアルコール消毒により、手荒れや乾燥に悩む人も少なくありません。手のひらサイズの製品も多く、持ち運びにも便利な「ハンドクリーム」の使用頻度が増えた人が目立ちました。

変わらないのは……洗顔や化粧水などのスキンケア
おうち時間が増えても、基本のお手入れである「洗顔」「化粧水」の使用頻度に変化がないと答えた人は8割以上。肌のコンディションを整える「美容液」や保湿アイテムも、「変わらない」と答えた人が7割近くおり、外出機会が減っても、スキンケアのルーティンは守っている人が多いことがわかりました。

使用が減ったのは……メイク落とし、日やけ止め
外出機会が減り、ノーメークで過ごす時間が多くなったためか、「メイク落とし」の頻度が「減った」と答えた人は4割以上となりました。また、おうち時間では紫外線を気にしないためか「日やけ止め」の使用が「減った」と答えた人も3割以上。
エイジングにつながる紫外線A波は、ガラスも通過してしまうそうなので、室内にいても、曇りであっても日やけ止めをつける習慣は崩さないほうが◎!

では、メイクアイテムの使用頻度は?

1 2