ビューティー&ヘルス 95.7%が元に戻らない・・・! 「夏太り」する人は「夏やせ」する人の3倍!

では、なぜ夏太りしてしまうのでしょうか? その原因について、医学博士で健康科学アドバイザーの福田千晶先生に聞きました。

夏太り・夏やせの原因、解決方法は?

原因1:基礎代謝が落ちる
夏は気温が体温に近づくため、体温維持のためのエネルギー消費が少なくてすみます。すなわち、ほかの季節と比べて基礎代謝量が低く、カロリー消費が低い状態といえます。

原因2:日常の活動量が減る
暑さを避けるため、徒歩通勤をバス通勤に変更、運動や外出を控えるなど、暑い季節は生活の中での活動量が減る傾向に。その積み重ねが、大きな活動量の差につながります。

原因3:カロリー過多・偏食
夏バテしないようにとスタミナ料理や脂っこいものをたくさん食べたり、暑いからとビールや冷たい飲み物、アイスクリームやかき氷など冷たくて甘いスイーツをとったりする機会が増えます。さらに夏は日が長いため、食事時間が長くなったり遅くなったりしがち。こういった食習慣が、カロリー過多や偏食を招きます。

続いて、夏太り対策についてご紹介します。

対策1:肩甲骨まわりを動かす軽い運動やウォーキングを続ける
肩甲骨まわりには、脂肪を燃焼しやすくする褐色脂肪細胞があります。この細胞を刺激して活性化させることで、脂肪を燃焼しやすくなります。肩甲骨まわりを無理なく動かす、ラジオ体操やウォーキングがおすすめです。ウォーキングのときは、腕を大きく振って歩くと自然と肩甲骨まわりも動かせます。

対策2:「茶カテキン」の作用で脂肪を燃やす
茶カテキンなどの脂肪燃焼効果が認められた食品をうまく取り入れるのもおすすめ。最新の研究では、茶カテキンは褐色脂肪細胞を活性化することもわかってきています。トウガラシ、ニンニク、ショウガ、キムチなどでも褐色脂肪細胞の活性作用が報告されています。

対策3:生活スタイルを見直し、しっかり睡眠をとる
夜更かしや暑さによる不眠で睡眠時間が減少すると、脂肪は燃焼しにくくなります。夜更かしせず早寝を心がけましょう。

夏太りからの秋太り……なんてことにならないよう、これらを参考にして夏太りを回避しましょう!

 

【参考】※ ウーマンウェルネス

1 2