ビューティー&ヘルス 美と健康の殿堂、リニューアルした「ファンケル銀座スクエア」で綺麗を目指そう

夏バテだけでなく、コロナ禍でのライフスタイルの変化などで、体調やお肌の調子が悪くなった人も多いのではないでしょうか。ただ、どこから改善すべきかわからないことも。友人のアドバイスもいいかもしれませんが、自分の体質にあったものを的確に選ぶには、プロのアドバイスが安心です。2020年8月にリニューアルした「ファンケル 銀座スクエア」では、体験しながら、自分に合ったアイテムに出会えるんですよ。

コンセプトは「美も、健康も、新しい体験。」

リニューアルした「ファンケル 銀座スクエア」 。

創業40周年を迎えファンケルグループの旗艦店である「ファンケル 銀座スクエア」が全館リニューアルしました。「美も、健康も、新しい体験。」というメッセージとともに、自分自身で気づいていない美と健康の可能性を体感・発見できる旗艦店に生まれ変わりました。体験して、自分の状態を知って、アドバイスをもらいながら自分に合ったアイテムが選べます。リニューアルした各フロアを体験してきました。

健康チェックで自分を知る

健康チェックというと検査するというイメージが強かったのですが、楽しみながら健康づくりに役立てられるようゲーム感覚で自分の身体を知ることができるのが、7階「ファンケル 元気ステーション」です。身体機能を知ることで、健康的な生活を送るきっかけにとプロジェクションマッピングやセンシング技術(センサーなどを使用して様々な情報を計測・数値化する技術の総称)を活用し、ゲーム感覚で気軽にバランス感覚や柔軟性反応速度などの身体機能を測定できます。

7階「ファンケル 元気ステーション」FLAMIN-GOで片足立ち測定。大きく崩れるとゲームオーバーでクリアするとおまけのステージへ。

片足を20cmあげて、姿勢を保つプログラムは、足が下がったり、バランスが崩れたりするとゲームオーバーに。目標タイムをクリアできたら、おまけステージが体験できます。ほかにも、歩行測定や食事の栄養クイズ、反応速度測定や自分の呼吸のチェックもでき、すべて体験すると、健康スコアを出してもらえます。こんなところが弱かったなど、普段意識していない自分に出会えます。こちら無料で体験できるので、自身の体力チェックにもおすすめです。

6階「ファンケル パーソナルカウンセリング ヘルス」は、3D動作分析やO2ルームなどリラクゼーション空間。

より自分の身体と向き合えるのが、6階の「ファンケル パーソナルカウンセリング ヘルス」です。3D動作分析センターなど最新機器が導入され、健康状態に応じて専門スタッフのカウンセリングが受けられます。自動温熱整体マシンやO2ルームで、ゆったりリラックスできる空間も設置されています。

食事アセスメントコースでは、自分が食べたメニューを伝えることで食事バランスをチェックできます。

私たちの身体は、食べたものでできています。「食事アセスメントコース」では、食生活のヒアリングによって、偏っている栄養素がわかります。メニューサンプルのような食材を測りに乗せて1日分のカロリーチェックをするため、見た目で実感できるのも食事について考える機会になります。

4階「ファンケル サプリメントショップ」で、セルフ健康チェックしてサプリを選ぶ参考にできます。

なんとなく体がだるい時は、ビタミンBを多めに摂ろうなど、自分自身でサプリを選ぶこともありますが、実際に自分の身体の状態はどうなのか、きちんとチェックして選ぶとより安心です。4階「ファンケル サプリメントショップ」では、セルフ健康チェックコーナーが設置され、血管年齢やヘモグロビン量など、簡単にセルフチェックできます。野菜は気をつけて食べているつもりの筆者でしたが、野菜不足の判定が。しっかり数値化されるので、より自分自身の身体のことがわかります。測定は無料で、その日の体調がわかるので、定期的にチェックして、そのときに自分に必要なものを知ることは大切ですね。その数値をもとにアドバイスをもらいながらサプリメントを選ぶことができます。

1 2